1. TOP
  2. 妊娠発覚後にシコリが見つかる!卵巣嚢腫摘出手術を受けて無事に出産

妊娠発覚後にシコリが見つかる!卵巣嚢腫摘出手術を受けて無事に出産

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 212 Views

私は現在中学生2人、小学生1人の3児の母で、3回の妊娠と出産を経験しています。3回とも色々なことを経験しました。1人目の妊娠の時は、バリバリに働いている時でした。

12歳差の夫婦!妊娠検査薬で陽性反応が出て産婦人科を受診

結婚当時私は21歳で主人は33歳、12歳の年の差がありました。主人はすぐにでも子どもが欲しかったようでが、若かった私はまだ子供が欲しいなんて思ってはいませんでした。

妊娠したと分かった当時は、「え?もう妊娠したの??」というのが実際の感想でした。

その当時私が購入した妊娠検査薬は、1つの箱に2本入っており、1本目の検査薬の陽性反応に確信が持てず、1週間待って2本目の検査薬で試してみましたが、2本目もやはり陽性でした。

後日私は、意を決して近所の産婦人科へ行くことにしました。尿検査をすると、やはり「陽性」でした。先生にも「おめでとうございます」とドラマのようなセリフを言われました。

「あー、やっぱり間違いないんだ」という風に思ったのは、いうまでもありません。

妊娠確定し、お腹にシコリも見つかり大きな病院を紹介してもらう

妊娠が確定し、次は内診を行うということで診察台に上がりました。内診用のエコーを子宮口に挿入されると、カーテンの手前に出ているモニターに子宮内部が映りました。

先生から「はい、これが胎児ね」と言われてモニターを見ると、豆粒みたいな小さな生命が小さな心臓をトクトク動かしていました。

その映像はとても感動的で、私が母親になることを決意した瞬間でした。あの映像は今でも忘れません。

「私、ママになるんだ」そう思ったのもつかの間、先生の触診が始まりました。

触診中、先生の「ん?」という疑問符が何度も聞こえ、腹部エコーと触診を何度も繰り返されました。私は初めての産婦人科での診察だったため、何の疑問も浮かびませんでした。

診察台を降り再び先生のデスクに呼ばれると、「お腹に固いシコリがあります。子宮筋腫かどうか、ここではわかりません。」と言われました。

「紹介状を書きますので、大きな病院で診察してもらってください」と言われました。まさに、幸福の絶頂からの転落でした。

6~9センチの大きさのシコリ!筋腫?それとも卵巣嚢腫?不安と恐怖

私は自分の状況を受け入れることができず、不安なまま帰宅し主人に話をしました。

その日は一晩中、ショックな気持ちを抱え、自分と赤ちゃんのことで頭がいっぱいでした。

そんな私とお腹の赤ちゃんのことを心配した主人が、色々ネットで検索したりして調べてくれていました。

翌日、産婦人科から紹介された病院に行き診察を受けました。そこの病院でも、前日と同様にエコーや触診を受けました。

診断は「おそらく、子宮付近の筋腫か卵巣嚢腫だろう」という曖昧なものでした。

先生曰く、「開腹手術をしてみないと判断が付かないが、触診でわかるほどなので、かなり大きいものであることは確かだ」ということでした。

筋腫の大きさがエコーで映るのを計測したところ、6~9cmほどあるということが分かりました。筋腫が小さいものであれば、経過観察して出産時に摘出ということもできるとのこと。

当時は、開腹し早めに切除しないと、切迫早産になる可能性もあるという先生の見解から、その日のうちに手術の日程が組まれることになりました。

手術は3週間後に決まり、手術日までの3週間は不安でいっぱいでした。

術前の説明で医師からは、「子宮筋腫の場所によっては、赤ちゃんの命にかかわるので手術ができないから、その時はそのまま閉じます。」 、「卵巣でしたら、切除します」と言われました。

麻酔科医からは「妊婦さんのため全身麻酔は危険なので、半身麻酔にします」と言われ、人生初の手術は不安と恐怖しかありませんでした。

30分で手術終了!手術中は【有線・先生の会話】を聞いて過ごす

余談ですが手術当日、担当の看護師さんがストレッチャーで運んでくれる横に主人が付き添ってくれていましたが、手術を受ける私より不安そうな顔に、思わず私は看護師さんと笑ってしまいました。

手術室に到着すると、麻酔科の先生から色々と説明を受けました。そして麻酔が効き始めたころ、急激に血圧が下がり気持ち悪くなりました。

しばらくすると首から下の感覚がなくなり、手術の準備が整うと執刀医の先生が、「これから始めます」の言葉のあと、何の違和感もなく手術が始まりました。

手術室には有線がかかっていたのか、当時流行りのモーニング娘の曲がかかっていたのを今でも覚えています。

手術中は有線の曲と先生たちの会話、そしてアルミのトレーにメスなどの機器を置いたりする音が聞こえました。

最近では、手術しているところをモニターで見せてくれる病院もあるようですが、私が手術を受けた15年前は、まだ見せてくれる設備はありませんでした。

手術は30分ほどで終わりました。「じゃあ、閉じる前に」と執刀医の隣にいた先生が、後ろで待機していた研修生らしき人たちに私のお腹の中を見せ始めました。

「これが妊娠中の子宮だよ」と見せていたことに、とてもビックリしました。

どうやら大きな総合病院だったため、学生のお勉強として実際の手術に立ち会うことが時々あったようでした。

入室した際に誰かに、「今日は人が多くてごめんなさいね」と言われたことを思い出し、「あーなるほどな」と思ったのも今となっては良い思い出です。

手術後の経過は順調!妊婦生活を終えて無事に出産できました

無事に手術も終わり、手術室を出たところで主人と対面しました。主人もホッとした顔をしていました。そこへ執刀医の先生が来て、手術の説明をしてくださいました。

「シコリは卵巣嚢腫でしたので、摘出して縫合しました。摘出した嚢腫をみますか?」と言われました。

私は人生初の手術だったこともあり疲れていて、「後で見る」と伝えて部屋に帰りましたが、主人はすぐ見たようです。

主人は摘出した嚢腫を見て、「タッパーに入ってて、ドロドロだったよ」と楽しそうに話していました。

そんな主人の様子を見た私は、話題作りや話のネタに見ておけば良かったかなと思いました。

術後の経過は順調で、妊婦生活も何事もなく過ごすことができました。

手術の際に子宮を傷つけることがなかった為、出産は自然分娩で行うことができました。後日、私も妊娠中の「卵巣嚢腫」について色々調べました。

手術前や妊娠中は、不安もあり「卵巣嚢腫」について調べる事ができませんでした。無事に出産を終えたことで、ようやく自分の病気と向き合えることができました。

もし初診の時に先生があのシコリに気づいていなかったら、もし妊娠に気づいていなかったら、私の中の9cmもの嚢腫は破裂していて、大変なことになっていたかもと思うと「ゾッ」としました。

妊娠している、していないかかわらず、婦人科系の健診は女性として1度は行っておくべきだと思いました。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

子育てに対して色々と不安があると思います。確かに色々と付きまといます。

しかし、お金、保育園や幼稚園、ママ友、役員、仕事との両立などなどでも、実際に経験してその壁を乗り越えてしまうと、あんなに高く見えた壁も、すごく低いものに見えるものです。

そして、あのかけがえのない存在を得るという女性としての喜びは、妊娠・出産・育児を経験した人にしか味わえない幸福感です。

無理におすすめはしませんが、少しでも希望があるのならば、是非1度体験してみて欲しいと思います。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

1人目出産後に、また産みたいと思いました。そして、その後2人出産しました。

ユキエさん(38歳、横浜市、旦那49歳、子供14歳、12歳、6歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 【陣痛と便意を勘違い】体調不良の旦那は音信不通で私1人不安の出産

  • 妊娠中の生活は要注意【食べてばかりで体重増加!イライラして夫婦喧嘩も】

  • 【赤ちゃんの授乳の時間が苦手】出産より産後の入院生活が大変でした

  • 出産まで陣痛が40時間!もっと早くに促進剤を使って欲しかったです

  • 【初めての妊娠】に不安がない人はいない!妊婦仲間と情報交換が大切

  • 子宮口がまだ4センチ?13時間耐えた私は号泣しながら無痛分娩に変更