1. TOP
  2. 【桶谷式で母乳を出すマッサージ】想像をはるかに超える出産と産後に驚き

【桶谷式で母乳を出すマッサージ】想像をはるかに超える出産と産後に驚き

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 200 Views

私は34歳で結婚したこともあり、すぐに子供が欲しいと思っていました。結婚してから1年半くらいは妊娠できなかったので、その間はずっと不安でした。

1人目の妊娠は、ウォーキングをして体力をつけました

私はもともとホルモン異常があり、生理が不順のために薬を服用していました。なので、自分が妊娠しにくい体質ではないかと不安に思うこともありました。

結婚から1年過ぎ、なかなか妊娠できないことから不妊ではないかと思い、病院で診てもらうことにしました。

私は排卵が正常にされていなかったとのことで、「排卵を促す為の薬を飲みながらタイミングをみましょう」ということになりました。

すると、第1回目のタイミングで、子供を授かりました。担当医の方も、「1回目で成功するなんてラッキーでしたね」と、ビックリされていました。

1人目の時は、妊娠期間中は、とても体に気をつけました。薬やコーヒーは飲まないようにし、ウォーキングを頻繁にして体力をつけるように心がけました。

幸いつわりはあまりひどくは無く、身重であっても家事はこなせました。

【韓国での妊娠・出産】逆子体操をして、逆子を元に戻しました

私は韓国に住んでおり、韓国では冬になると親族でキムチを漬けるのですが、その時も重いものを持ったりもして、順調な妊娠期間でした。ただ、7ヶ月の時に子供が逆子になりました。

逆子には焦りましたが、逆子体操をしたら元に戻ると信じ逆子体操を頑張りました。また、お腹の中の子に声をかけをしたりしました。

その結果、効果があったのか、逆子が元に戻りました。

私は韓国で出産したので、実母もそばにおらず孤独でした。夫しか頼る人がいない中、陣痛がきた時はとても不安で仕事中の夫に電話をして、「すぐに来て欲しい」と言いました。

電話に出た夫は出産までまだ時間かかるだろうと、のんびり構えてなかなか来てくれず、そのことでイライラしました。

陣痛は想像していた以上に痛くて、骨盤が割れるかと思いました。夫がやっと到着したときは、夫に怒りをぶつけながら、水が欲しいとか腰をさすって欲しいとか色々注文しました。

【不安で、痛くて、苦しい】産まれた赤ちゃんを見て感動しました

出産に夫が立ち会ってくれたのですが、看護士さんはベットに掴むところがあるので、そこを掴むようにと言っていたのですが、私は夫の手の方が安心して、ずっと夫の手を握っていました。

とにかく不安で痛くて、人生にこんなに苦しいことがあるのかと思いました。看護士さんの声にすがるようにして、呼吸していました。産まれた時には、全身の力が抜けてホッとしました。

私は真っ赤でくちゃくちゃの赤ちゃんを見て、とても感動しました。手足がとても小さくて壊れそうで、自分の子だというのが不思議な感覚でした。

夫が喜んですぐに親や、親戚、友人達に電話をかけていたのが印象的でした。

産後はとにかく何もしないというのが韓国では徹底していて、産後のママのケアをする施設もあるのですが、私は費用の面でそこには行けませんでした。

実母もいないし、手伝ってくれる親戚も居ない中、この現状を、どう乗り切ったかというと、産後のママを手伝ってくれる婦人を雇いました。

【桶谷式でマッサージ】母乳を出すことが、こんなに大変なんて

その雇った婦人は、新生児の世話とママの体のマッサージや体操、母乳マッサージ、家族全員分の3食の食事準備、掃除、洗濯まですべてやってくださいました。

韓国人の方なので韓国語でずっと話すのが疲れましたけど、基本的にはゆっくり休めるようにしてくださったので、何もしなくてよくて快適でした。

赤ちゃんが起きてる時は私も起きて、赤ちゃんが寝る時には寝ました。

私は母乳があまり出なくて、母乳にこだわっていたので韓国にもある「桶谷式」に行って、母乳が出るようにするマッサージをしてもらいました。

乳頭が詰まってパンパンに腫れたり、かまれて傷ができたり、母乳をあげるのがこんなに痛くて大変なことなのかとびっくりしました。これも私の想像をはるかに超えていました。

2人目の妊娠についてはみなさんに驚かれるんですが、なんと妊娠5ヶ月になるまで、妊娠に気づきませんでした。

【妊娠5ヶ月で気付いた2人目】旅行したり、山登りもしてました

2人目の妊娠にどうして気づかなかったかというと、1人目の時もそうでしたが、私はほとんどつわりが無いんです。それに1人目の出産後、まだ一度も生理がきてなかったんです。

それで妊娠に全く気づかなかったので、風邪を引けば薬も飲んだし、妊娠初期に飛行機に乗って旅行に行き、旅行先で山登りもして、1人目をしょっちゅう抱っこしていました。

それでも妊娠継続には全く支障が無かったのが幸いでした。

お腹が少しぽっこりしてきて、胎動みたいな動きを感じたところで病院に行ったら、妊娠が判明しました。

実は夫は「子供は1人でいい」と言っていました。ですので、もし早い段階で2人目の妊娠が分かっていたら、想像するのが恐ろしいですが夫が何と言ったか分かりません。

2人目の妊娠に気づいた時には、すでにどうにもできない段階でしたので、「この子はどうしても産まれて来たかったんだろうな」と思いました。

【2人目も逆子で帝王切開寸前】やっぱり産まれたときは奇跡に感動でした

2人目も逆子になりました。しかも出産ぎりぎりの週数だったので、担当医が帝王切開の日程も決めて、「次回は帝王切開ですね」というところまでいきました。

私は最後まで諦めずに、必ずくるっと回ってもとに戻ると信じていました。そしたら、本当にぎりぎりのところで元に戻り担当医も驚いていました。

出産は2回目だったし、1回目とあまり間隔が空いてなかったので、陣痛の時の痛みの逃がし方とかちょっと覚えていて、少し余裕がありました。

でも、やっぱり分娩台の上では相当痛かったです。この時も夫が立ち会ってくれました。産まれた時は、やっぱり感動しました。

子供が無事に生まれてきて思うのは、妊娠も出産も「奇跡」だということです。子供がお腹にいる時には健康で産まれてくれることを、ただただ祈りました。

世の中には子供が欲しくても授からない方もたくさんいらっしゃいますし、、母子共に健康でない場合もあります。それを思うと、無事にお産できたことに、ただただ感謝しかありません。

子育ては大変ですが、あの時の感動を思い、頑張りたいと思います。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

妊娠中の方は、つわりが本当にキツい方もいらっしゃるでしょうし、これからの出産が不安な方もいらっしゃると思います。

お腹の中の子を信じてあげて、たくさん声かけをしてあげれたらと思います。胎児は、ママと体だけではなく、心もつながっています。ママがリラックスして元気で生活することが大切だと思います。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

はい。できることなら、また産みたいです。

ゆりみさん(41歳 海外在住 旦那46歳 子供5歳と3歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 初産で出産時間は1時間半!出産予定日より3日早く、母の対応に感謝

  • 陣痛がこない!初産で妊娠中毒症の私は帝王切開で出産しました

  • 出産後、母乳が出過ぎて乳腺炎に!初めての育児はトラブル続きでした

  • 緊急帝王切開の術後の痛みは壮絶!それでも今は3人の母【痛みは忘れる】

  • 二人目、妊娠中に旦那と息子がインフルエンザにかかり大変な妊婦生活

  • 帝王切開の傷がケロイドに!二人目は対策をして楽に産後が過ごせました