1. TOP
  2. 【赤ちゃんの成長に不安】エコーで見る我が子は頭が大きすぎて心配に

【赤ちゃんの成長に不安】エコーで見る我が子は頭が大きすぎて心配に

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 286 Views

妊娠が分かってから、私の赤ちゃんはとても順調に育っていました。アルコールやカフェイン摂取は控えましたが、それ以外の食べ物はあまり意識せず、甘いものもたくさん食べていました。

【赤ちゃんの成長に不安】頭の大きい我が子が心配で、ネットで検索

お腹の中で順調に成長すると共に、不安もでてきました。それは赤ちゃんのサイズです。

妊娠初期の頃のお腹の赤ちゃんは頭からお尻までの長さしか測れませんが、成長するにつれて頭のサイズや胴回り、足の長さもエコーでは測れるようになります。

赤ちゃんの数週で決められたサイズと比べると、我が子の頭のサイズは常に標準より2週間以上大きく、胴回りや足のサイズは週数通りの成長だったので、バランスが悪かったのです。

医師は、エコーをみる限り心配はなく個性の一つだと仰いましたが、私は不安でたまらなくなってたくさんネットで調べました。

検索結果に出てくるのは、ダウン症などの障害の恐れがあるということでした。

そんな不安を抱えつつも我が子は順調に大きくなり、頭のサイズもどんどん成長して臨月に入る頃には、週数の標準より4週も大きくなっていました。

それでも、医師は気にすることないと仰りました。私もここまできたら、障害があってもなくても我が子に変わりはなく、しっかり愛そうと自分で納得することができました。

【早く産みたい】正産期は色んなジンクスを試すも効果なし

もういつ産まれても良い時期に入ると、赤ちゃんの頭も大きいことだし早く産みたいですね、ということでたくさん歩いて動いて、様々なジンクス試しましたが全く効果はありませんでした。

「早く産まれないかな・・・」という期待だけが先走り、毎週の検診が楽しみで仕方ありませんでしたが、子宮口の硬さも開きも3週たっても変わらずでした。

「出産予定日過ぎての検診で変化がなければ、促進剤を使って産みましょう」と医師から言われました。私は早く産みたかったのに、全然出てこない我が子に焦りと不安が募りました。

そして39週の検診から3日後の明け方に、「高位破水かな?」と思われるものが出たので病院へ行きましたが、「おりもの」と言われ帰宅しました。

出産予定日の朝方にも似たようなものが出て、「またおりものだったら恥ずかしいな」と思いつつも病院にいったところ、高位破水だったのでそのまま入院で陣痛待ちとなりました。

高位破水で入院したものの陣痛がこなくて、私は病室で間違い探しをやったりケータイいじったりして、まったり過ごしてました。

バルーン促進剤の使用、陣痛は【想像を絶する痛さ】

夜になっても陣痛はこなかったので、翌朝からバルーン促進剤を使うと医師から説明がありました。このときは、いよいよ我が子に会えるという嬉しさでいっぱいでした。

「陣痛なんて余裕!」と思っていましたが、そんな訳はありませんでした。

バルーンを入れてから順調に子宮口も開き、促進剤投与から3時間ほどで本陣痛になりました。

この時点で「痛い」、「もう無理」と叫ぶ私。想像を絶する痛さで、陣痛と陣痛の間でさえもご飯を食べられず、ひたすら「痛い」と叫んでいました。

子宮口も9センチ以上開いたところで、分娩室へ移動しました。通常であれば分娩室に移動したら1時間以内くらいで生まれるそうですが、私はそうはいきませんでした。

分娩室に移動してからは、いきみかたを教えてもらえたので陣痛を耐えるだけの時間より楽になりましたが、痛みの間隔は迫るばかりでしたので、もちろん辛かったです。

頭の大きい我が子は、なかなか産まれてこない!

呼吸法など教えていただきながら頑張っていましたが、なかなか我が子は出てこず、助産師さんに何度も言われた言葉が「頭の骨が抜ければ出てくるよ」、「あと少し」でした。

やはりエコー通り我が子の頭は大きかったので、骨が引っかかってなかなか出てこなかったようです。

私はいくらいきんでも出てこなくて、頭がフラフラになってきました。

もうそろそろ限界!ってときにやっと我が子は出てきてくれましたが、分娩室に移動して「あと少し」と言われてから3時間半経っていました。

産まれてくる瞬間はあっという間でした。すぐに赤ちゃんを抱かせてもらえたのですが、何とも言えない気持ちでいっぱいになり、涙が止まりませんでした。

私は我が子に「生まれてきてくれてありがとう」というつもりだったのですが、口から出たのは繰り返し「かわいい」という言葉でした。

【陣痛の後にも待っていた痛み】辛かったけど、我が子に会えて幸せ

赤ちゃんが生まれてしまえば、陣痛より辛いものなんて無いと思っていましたが、私にとっては産後の処置も陣痛と同じくらい辛い経験となりました。

それは陰切開部分の縫合です。麻酔はもちろん打ちましたが、薄い部分は効かずに激痛。ここでも私は「痛い!」と叫んでいました。

そして出産の際の出血で、貧血や発熱も出て身体はボロボロになりました。

私は体力に自信はありましたが、さすがに出産は疲れ切りました。39度の熱は2日続き、解熱後は産後悪阻もなく体調は落ち着きました。

どんなに大変な出産で辛い思いをしても、我が子の顔見るだけで笑顔になれました。

私は元々保育士で、たくさんのかわいい子どもと関わってきましたが我が子は別格だと感じています。親になって、親ばかになる気持ちが理解できました。

産後すぐのときには「もう出産はしたくない」と思っていましたが、子育てしていく内にあのときの感動をまた味わいたいと思えるようになりました。それも、我が子に出会えたからです。

我が子には、私に幸せくれてをありがとうと感謝しています。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

検診で、お腹で順調に育っている我が子を見ると早く会いたくなると思います。そして正産期に入ると、様々なジンクスを試す人がいると思います。

でも赤ちゃんは自分のタイミングで出てきますから、是非穏やかな気持ちで赤ちゃんが出てくるタイミングを待ってあげると良いと思います。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

産んですぐのときは陣痛が辛すぎて、もう嫌だとも思っていましたが、子育てしてるうちに痛みを忘れ、また産みたいなと思えるようになりました。

ゆちさん(26歳、大田区、旦那29歳、娘4ヶ月)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 【陣痛と便意を勘違い】体調不良の旦那は音信不通で私1人不安の出産

  • 陣痛?と思いきや破水!【出産を車の中で体験し救急車で運ばれる】

  • 貧血で氷を食べる氷食症。鉄剤の注射で症状が落ち着き、無事出産しました

  • 【破水から始まる出産】過呼吸になりかけ出産した息子の第一声に笑顔

  • 出産時の出血が多いため母は輸血、子どもはへその緒が巻き付き吸引分娩

  • 双子の妊娠で管理入院!安静にして点滴を24時間しながら成長を見守る