1. TOP
  2. 一人目は帝王切開【二人目は痛みを感じない普通分娩】で超安産でした

一人目は帝王切開【二人目は痛みを感じない普通分娩】で超安産でした

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 282 Views

1人目の出産の時は、妊娠中から逆子だと分かっていたので最後まで帝王切開という事で予約をしていました。妊娠中は初めてのことに不安もありました。

【トイレの便座が楽な場所】陣痛がきてから丸2日も自宅待機

1人目のときはお腹の張りで、自宅でゆっくりする事も多かった妊娠生活でした。

出産予定日を2日後に控えた頃、朝から「なんかちょっと痛くなってきたかも?」と感じたのですが、まさにこれが陣痛のスイッチでした。

じわりじわりと痛くなってくるお腹。その日の午後には、既に自宅の布団に横になり、陣痛の波を待つことになりました。初めての割には、最初からかなりの痛みを感じました。

間隔が20分から30分おきくらいでしたが、「陣痛ってこんなに痛いのか?」と思う程の痛みを経験しました。

最初に陣痛が始まってから病院にいった時は、子宮口が1センチも開いていないと言われ帰されました。

自宅で陣痛の波と闘う中、一番楽な場所はトイレの便座でした。トイレが唯一、落ち着いて陣痛の痛みを逃せる場所でした。

腰が痛くて唸りっぱなし、6時間後は【意識が混濁】して動けませんでした

陣痛が始まってから2日目を迎え、自宅で陣痛の痛みに耐えていましたが、出産予定日になったころ、もう痛みもマックスの状態でした。

そして、このときに子宮口は、まだまだ固くお産には近い状態ではありませんでしたが、入院となりました。

午後14時に入院して個室に入りました。とにかく痛みはひっきりなし来ます。もうベットに寝ていることも出来る状態ではありませんでした。

そして、私はまたもやトイレの便座で落ち着いていました。

その6時間後には私の声も出っぱなしで、隣の個室にも響きまくり、助産師さんからは「ご近所迷惑ね」と笑顔で言われるほどでした。

その後、何とか歩いて分娩室へ行きましたが、そこから6時間後はもう意識が混濁していました。分娩室に入ってからはお腹の痛みよりも腰が痛くて、身動きがとれませんでした。

「腰、腰、腰・・・。痛い、痛い、痛いよ・・・あああ・・・」ともう唸りっぱなしです。

助産師さんは少しでも子宮口が柔らかくなる様にと、温かいタオルを裾にあててくれたり、口にチョコレートを入れてくれたりと、とにかく励ましてくれました。

腰の痛みで最後は動けませんでしたが、「バン」と生ぬるい物を感じました。それが破水でした。

帝王切開から2年後、【2人目の妊娠】でホルモンバランスを崩しました

破水から2時間位はかかったのでしょうか、もう痛みという次元を超えた痛みを味わいながら、可愛い息子を出産しました。

こうして終わった1人目の出産は、産後も苦労しました。裾に膿を持ったので、産後に出産がとても辛かったことを思い出しました。

また、産後6か月以上にわたって腰の痛みで泣きました。原因は骨盤が不安定だからでした。出産で開いた私の骨盤は、開きっぱなしの状態でした。

整体治療院の先生がこうした事実を把握してくれたので、ゴムチューブで骨盤を巻く生活をして改善されました。

それから2年後、2人目の妊娠が判りました。この時は1人目の育児でてんてこまいだった中で、妊娠と同時にホルモンバランスを大きく崩す事になってしまいました。

もう日常生活を送ること事態が困難な程、私は精神的に参りました。完全に女性ホルモンのバランスの関係が原因だったと思います。

2人目は落ち着いて出産【陣痛】も1人で対処しました

2人目のとき、「妊娠って、こんなにもホルモンバランスに影響があるのか?」と思う程の経験をしましたが、妊娠期のトラブルはホルモン異常のみで、無事に出産しました。

1人目が帝王切開だったので、1人は産道を通っているという事実が大きな意味を感じる出産でした。

2人目のとき、「まだまだ、これは陣痛ではないだろう」と思いつつも産科へ行きました。するとすでに子宮口は3センチ開いていました。

夜中3時30に入院し、5分間隔位の陣痛の波がきました。

深夜だったこともあり助産師さんがいなくて、私は自分で陣痛を逃す事になりました。1人でしたが、経験があったので全く不安はありませんでした。

「ああ、次来る」と陣痛の波がわかるので、逃せるのです。痛いはずですが、痛さの感じ方は1人目と全然違い楽でした。

2人目は【痛さも記憶が無い】ほど超安産でビックリ

6時半に担当看護師さんと院内の散歩をし、8時に朝食を食べているときも痛みが続きました。この後いきめるように、痛くてもしっかりご飯を食べました。

何となく生まれそうな気配を感じた私はトイレへ行きました。

そこへ担当助産師さんがきて、「トイレなんてしている場合じゃない。生まれちゃうよ」と言って、私は布団に寝かされ分娩体位になりました。

すると急いで介助ともう1人助産師さんが入ってきました。分娩台ではないので掴まる所がない私は、助産師さんの太ももをがっちりと握りしめて、いきみました。

あっさりと簡単に生まれてきたのが、我が家の愛娘です。安産もいいところでした。痛かったという記憶が無いまま生まれました。

あまりに安産過ぎて周りもびっくりし、「もう生まれたの?」という感じでした。

2度の出産を通して、子供が私を母にしてくれた、としみじみ思っています。私の人生にとって出産し子供がいるという事は、世界で一番の金メダルです。皆に感謝の出産と今の生活です。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

出産するまでは本当に不安に思いますよね。きっと1人目の方は、陣痛の痛みってどれくらい?本当に産める?と恐怖と不安でいっぱいの方もいるでしょう。でも、絶対に大丈夫です。

赤ちゃんは、一番いい時期に生まれてくるものですから、頑張ってね。助産師さんも付いているから、大丈夫です。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

1人目の時は、もう1人は欲しいと思いました。2人目を産んだら、もう自分は精一杯頑張りましたとの気持ちでいっぱいでした。

太陽の母さん(41歳 札幌市 旦那は離婚しました 子供は5歳と2歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 【生理が来てほしい】漢方や冷え対策をして自分の体と向き合ってます

  • 貧血で氷を食べる氷食症。鉄剤の注射で症状が落ち着き、無事出産しました

  • つわりで歯磨き中に吐くことも。ピーク時は食べたら吐くの繰り返しでした

  • 妊娠中はおやつを手作り【食事制限できたのは家族の理解と協力のお陰】

  • 【桶谷式で母乳を出すマッサージ】想像をはるかに超える出産と産後に驚き

  • 【初産で出産予定日が早まる】3週間早く産まれても長男は3000グラム