1. TOP
  2. 妊娠中に注意すること【性行為で出血】・【体重増加で難産】になった私の体験談

妊娠中に注意すること【性行為で出血】・【体重増加で難産】になった私の体験談

 2016/10/30 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 298 Views

私は現在の夫とまだ付き合っている時に、卵巣腫瘍ができて入院し、手術をしたことがあります。腫瘍は陽性で問題はなかったのですが、卵巣は1つと半分になってしまいました。

妊娠に気づかずバイク通勤を続け、流産寸前

卵巣腫瘍の手術をしてからは、妊娠しづらい体になったと思いました。当時付き合っていた夫とは、この人と一緒になっても大丈夫だと思っていたので避妊をしなくなりました。 しかし驚くことに手術前は生理不順だったのに、手術の影響もあるのかきちんと生理が来るようになりました。

そして私は、他のほかの人にはあまりない妊娠・出産の経験をしたと思います。 生理不順は治ったはずなのに、次の生理が来ないなと思っていたころの話です。 私は介護職をしており、その日は夜勤中に空いた時間を使って妊娠状態を調べていまいた。

なんとなく今の私の状態にあてはまるな~と思っていたのですが、朝方に認知症で94歳のおばあちゃんに、突然『あら、あなたお腹に赤ちゃんが居るの?』と言われたのです。 まさかと思いながらも仕事終わりに、薬局で妊娠検査薬を買って検査しました。

すると、結果は陽性でした。 急いで産婦人科に行くと、日頃バイクに乗って通勤していたせいか、「動きすぎて流産しかかっている」と先生に言われました。週数にすると、5週目でした。

張り止めの薬【ウテメリンの副作用】で動悸

産婦人科で検査した後、安全のために張り止めの薬のウテメリンを服用していました。 この薬は服用すると、副作用で動悸があります。飲んだあとは胸が苦しくなったりして、結構きつかったです。

つわりが全くなかったので仕事を続けていましたが、5連勤が体にこたえたのか、めまいが出始めて、体がフラフラになっていました。 職場の上司に体調を伝えてパートに変えてもらいましたが、今思えば妊娠6ヶ月まで正社員だったら産休手当金がもらえたので、あと1ヶ月頑張ればよかったな~と少し後悔もしました。

私の妊娠を見抜いた認知症のおばあちゃんは、その後も『あら、今5ヶ月なのね』とか、『男の子なのね』などずばり言い当て続けました。 それなのに、おばあちゃんに同じことを聞いてもその1回言ったきりで、2度と同じことは言いませんでした。

90歳を超えると何か見えるようになるのかと、自分でも職場の人達と話したりしていました。ちなみに産婦人科の先生にも伝えたところ、オカルトみたいで怖いねと言われました。

妊娠したら注意【性行為で出血】して【切迫早産】の危機

安定期を過ぎると体が少しは楽になり、私はプチ旅行に出かけたりしました。旅行では休憩をこまめに取って気をつけていました。 夜に旦那と性行為を軽めにしたのですが、旅行の疲れもあってか、朝方に生理痛のような痛みが下腹部にありました。

私は直感的におかしいと思い、急いで産婦人科に連絡をしました。すぐに来てくださいと言われ診察してもらうと、切迫早産になりかけていました。 大事には至らなかったものの、安定期とは言えど気をつけないといけないと思いました。

それ以来、旦那との性行為は怖くなったので、しないようにしました。 産休を間近に控えたころ、またもや認知症のおばあちゃんがお告げのように、『赤ちゃんの心臓大丈夫?』などと恐ろしいことを言い出しました。 私は今までのこともあるので気になって仕方がなく、検診の際に産婦人科の先生に伝えました。 「エコーの様子では何も問題ないけれど、気になるようなら専門医を紹介するよ。」と言ってもらえましたが、先生を信じることにしました。

妊娠中に体重が18キロ増加【難産】で12時間の激痛

初産は予定日より遅れると言われますが、うちの子も5日遅れました。焼肉・オロナミンCなど陣痛が来やすいジンクスはだいたい試しましたが、なかなか効果は見られなかったです。

つわりが全くなかったのでご飯も美味しく、何も気にせずに食べていたら体重が18キロも増加し、難産になりました。 子宮口はなかなか開かず、痛みもそこまで強くなかったので病院内を歩き回ったりと余裕だったのですが、先生の触診で破水してしまい、そこからは地獄でした。

激痛に12時間耐えましたが、助産師さんが「子宮口9センチ、あと少しだよ!」と言っていたのに、先生が触診したら「7センチだよ。まだまだだよ」と言ったので、それを聞いて力が抜け、私はやる気がなくなってしまいました。

帝王切開で3,720グラムの男の子を出産

赤ちゃんの心拍数が少し下がってきたということで、緊急帝王切開で3,720gの男の子を出産しました。先生には「この体重なら、中々出てこないよね」と言われました。 今考えれば認知症のおばあちゃんの言っていた「心臓大丈夫?」とは、このことなのかなと思います。

おばあちゃんは私が出産してしばらくして、育児休暇中に亡くなってしまいました。 運良く亡くなる1ヶ月前に、「おばあちゃんが教えてくれた子が無事に生まれたよ。」と顔を見せに行けたので良かったです。

こんな不思議な体験は中々できないことなので、子供が大きくなったらきちんと教えてあげたいです。 もしそのおばあちゃんが妊娠していると言ってくれなかったら、気付かずに動き過ぎていて流産したかもしれません。 長男には出会えていなかったかもしれないと思うと、おばあちゃんには感謝しきれないくらいです。

それから、実は2人目も、違う認知症の90歳のおばあちゃんが、「赤ちゃん、赤ちゃん」と繰り返し言っていて、1ヶ月後に妊娠が判明しました。 信じられないかもしれないですけど、事実です。もしかしたら3人目も誰かに教えてもらえるかも?と期待しています

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

妊娠中は無理は禁物です。旦那さんにも協力してもらって、妊娠生活を乗り切ってください。体重管理は慎重にしたほうがいいです。増えすぎると後悔します。 個人差はあると思いますが、なかなか体重は落ちません。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

三人目が欲しいです。

出産一時金や、雑費・お部屋代を除いて手出しした費用について

1人目は深夜の緊急帝王切開だったので、限度額申請をして5,000円の手出し、2人目は予定帝王だったので、42万以内で収まり21,000円戻ってきました。

なるさん(28際 鹿児島市 旦那26歳 2歳と5ヶ月の男の子)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • つわりで歯磨き中に吐くことも。ピーク時は食べたら吐くの繰り返しでした

  • 出産が予定より超過【MRSAの反応があり消毒のため毎日病院へ!】

  • 【桶谷式で母乳を出すマッサージ】想像をはるかに超える出産と産後に驚き

  • 陣痛がこない!初産で妊娠中毒症の私は帝王切開で出産しました

  • 【妊娠初期から出産までつわり】お腹の赤ちゃんに幸せをもらった妊娠生活

  • 切迫流産の危険性があり安静に過ごす、つわり症状もあり大変な妊婦生活