1. TOP
  2. 生理が遅れた理由をストレスと勘違い【ハードな仕事を続け緊急入院】

生理が遅れた理由をストレスと勘違い【ハードな仕事を続け緊急入院】

 2016/10/25 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 313 Views

私が妊娠したのは、結婚して2カ月たった頃でした。もともと子宮内膜症を患っており、子供は出来にくいと言われていました。

【めまいで倒れた】体力をつけるためジムで運動をするように


夫との間に結婚話が出たときには、正直に子供が出来ない可能性があることを伝えましたが、それでも結婚を申し出てくれました。

こんな自分を受け入れてくれた夫に感謝の気持ちとは裏腹に、申し訳ないような気持にもなりました。

私にとって、手術の時にも支えてくれた夫はかけがえのない存在になっていたので、結婚の申し出を受けることにしました。

結婚して2カ月後、私は突然仕事中にひどいめまいで倒れてしましました。その当時、私の仕事はかなり忙しく深夜までの残業なども連日だったため、ただの過労かな?と思っていました。

その後、仕事の大変な時期もなんとか乗り越えて、体力の衰えを感じた私はジムに通って運動をすることにしました。

やるからには自分を追い込んでとことんやる性格だったため、私はジムでの軽い運動では満足できず、かなりハードな運動をするようになりました。

【胃もたれや眠気・嘔吐】妊娠が理由と思わずハードな運動を続けました


運動を始めた頃やけに胃もたれしていたため、運動不足からの消化不良だと思い込んでいた私は、毎日腹筋背筋を鍛え、重りの入ったゴム製のボールをお腹で受けたりと、今思えば恐ろしいことをしていました。

そんなある日、猛烈な眠気が私を襲うようになり、ジムで運動している途中でも気を抜くを寝てしまうような状態になりました。

運動で体力づくりをして、落ち着いたら不妊治療を始めるつもりだったので、自分が妊娠しているなんて思ってもいませんでした。

自分が簡単に妊娠するはずないと思っていた私は、ハードな運動を続けていましたが、その月の生理が来ないのを不審に思いながらも、「これはストレスだな」と勝手に思っていました。

それから私の体調はだんだんおかしくなっていき、冷蔵庫の匂いなどにも敏感に反応し、嘔吐するようになりました。

【生理が遅れたのは妊娠だった】人生初の妊娠検査薬を購入してパニック


生理が来ない。吐き気がする。これはおかしいと思った私は、念のため人生初の妊娠検査薬を購入することにしました。ドキドキしながら検査をしたためか検査方法を失敗していたみたいで、結果は陰性でした。

「やっぱり、妊娠してないんだ」と放っておいた私でしたが、体調はテレビドラマでよく見るような、典型的な妊娠初期症状になっていきました。

やっぱり、これはおかしい。ということで、再度妊娠検査薬を買いに走りました。

今度は失敗するまいとの気持ちから、尿を紙コップへ採り、その中に検査薬を浸して数分後・・・。

前回とは違う結果がでました。完全に陽性です。

検査結果を見てパニックになった私は、その妊娠検査薬を写真にとり、メールに添付して残業中の夫に送信しました。

私が妊娠しないかもしれないと覚悟していた夫は大変喜んでくれ、その後病院へ行って私の妊娠は確実なものになったのでした。

緊急入院!ハードな仕事を続け流産する可能性が・・・


振り返ると妊娠生活の思い出は、入院生活と自宅での絶対安静生活の思い出しかありません。

妊娠が発覚したあとも私の仕事のハードさは変わることもなく、相変わらず忙しさで目が回るほどでした。そのストレスがいけなかったのだと思います。

妊娠5カ月頃、私のお腹の張りが異常にキツく、出勤することができないくらいでした。そのまま仕事を休んだ私は、その状態を病院へ電話で伝えました。

「念のため受診してください」と言われ、少し休んでから病院へ向かうことにしました。病院に着いて主治医の先生の診察を受けると、先生の顔色が変わりました。

検査を受けてみると、その時の私の状態は3分おきに陣痛が来ている状態でした。流産する可能性があるとのことで、先生にこってり怒られてそのまま緊急入院することになってしまいました。

自宅で安静生活【赤ちゃんのため】と思えば我慢できないことはない


妊娠できにくい私のもとにやってきてくれた赤ちゃんに、申し訳のない気持ちでいっぱいになって、このまま流産してしまったらどうしようと毎日泣いていました。

私の浅はかな考えが赤ちゃんを危険にさらしてしまったんだと深く反省し、その後の入院生活は言いつけ通りトイレ以外は起き上がることもせず、安静にしていました。

3週間後には退院の許しがでたので自宅に帰ることができましたが、仕事は休職し、自宅での絶対安静を言われました。

今まで仕事仕事で忙しかった私にとって、自宅での安静生活は、赤ちゃんとゆっくり向き合う時間ができました。

1日の大半を寝て過ごしていたので、血流が悪いせいか酷い頭痛が悩みの種ではありましたが、首にホットタオルをあてるなどして何とか乗り切りました。

「これもすべては赤ちゃんのため」と思えば、我慢できないものはありませんでした。

微弱陣痛でアクシデントもあったけど、男の子を出産できました


しかし、臨月まで張り止めの薬を常用していたせいか、いざ出産のときにはなかなか子宮口が開かず、大変な出産になりました。

陣痛が微弱だったことも原因なのか、4.5センチまでしか子宮口が開きませんでした。その後は主治医の先生の判断で、パンっと破水をしてもらい、そのままお産が進みました。

赤ちゃんが出てくる最後まで微弱陣痛だったため、途中に陣痛が止まってしまうなどのアクシデントもありました。

最後は先生にお腹を上から押されて出産することができ、無事3,200グラムの男の子を抱くことができました。

今は子供も大きくなり、育児で大変な時もありましたが当時のことを思い出すと、やはり産んでよかったなと思います。私に幸せをもたらしてくれた我が子を、これからも大切に育てていきたいと思います。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について


妊娠・出産を控えている方へのメッセージ


妊娠生活中は本当に不安でいっぱいでしたが、不安になればなるほどお腹の張りが酷くなったりして、赤ちゃんにもストレスを与えているんだなと思いました。

妊娠生活中は、お母さんになる為の準備期間です。いつか自分の腕に抱く我が子の為に、大変な時期ですが乗り切ってください。かならず報われますよ。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?


できることならもう一度子供を産みたいです。

さなさん(39歳 香川県 夫38歳 子供6歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 一人目は帝王切開【二人目は痛みを感じない普通分娩】で超安産でした

  • 子供嫌いの私が出産、この子のためなら何でもできる!と力が湧きました

  • 妊婦なのに溶連菌に感染するも、出産予定日より2週間も早く安産でした

  • 妊娠中の生活は要注意【食べてばかりで体重増加!イライラして夫婦喧嘩も】

  • つわり中に食べれる物はマックのポテトだけ!つわりの辛さに耐えられない

  • 出産予定日を5日過ぎる!突然の破水から3時間後に出産しました