1. TOP
  2. つわりで歯磨き中に吐くことも。ピーク時は食べたら吐くの繰り返しでした

つわりで歯磨き中に吐くことも。ピーク時は食べたら吐くの繰り返しでした

 2016/10/22 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 7 分で読めます。 248 Views

妊娠は検査薬で発覚しました。タイミング的に今回もダメだろうと思ってるなかでの妊娠でした。検査薬を試したのは生理予定日がすぎて1週間もたたない時でした。

尿をかけ終わる前にラインが出始めて、驚いたのを覚えてます。

つわりでマーライオンのごとく嘔吐。自分の世話すら出来なくなりました


妊娠が発覚して数日、私にもつわりがやってきました。ちょっとお腹が減ると、気持ち悪い。「食べつわりかなー。」なんて、軽く思ってました。

それから数日もたたないうちに本格的なつわりが始まり、私は動けなくなりました。動く時は排泄か、嘔吐の為のトイレ。ほとんど後者でしたが、とにかく気持ちが悪いのです。

よくドラマなどで「ウッ」となって走って嘔吐するシーンをよく見かけますが、そんなものではありません。ひどいときはトイレまで10歩もないのに、間に合わないのです。

押さえた手の端から吐瀉物がはみ出て、それでもトイレにこもって嘔吐。食べてもすぐ吐いてしまうから、気分は鵜飼の鵜です。マーライオンとは何と的を射た表現でしょう。

つわりの本格化を迎え、私は旦那の世話はおろか、自分の世話すら出来なくなりました。旦那はやっぱりこの気持ちの悪さ、動けなさを理解することは出来ないようです。

「大丈夫か?」「病院行け」など言葉はかけてくれますが、家事の手伝いはほぼしてくれませんでした。

食器を洗うことすら、背中から「何で俺がしなくちゃならないのか!」という気持ちがだだ漏れでした。

実家に戻り、つわりと戦う日々。歯を磨きながら吐くことも


そんな環境だと自分にもお腹の赤ちゃんにも悪いし、食事もどうにもならないので、私は実家に帰省しました。旦那も仕事中、私が1人で家にいるよりはホッとしたことでしょう。

しかし、実家に帰ったからといって、つわりが治るわけもありません。とにかく、気分が悪い。妊娠すると眠くなると聞いてたのに、自分は気分が悪くて眠れませんでした。

眠れた時の幸せなこといったらなかったです。

いつこのつわりが終わるのか、せめて気分の悪さを軽減できたらと、スマホ片手につわり対策についてよく調べてました。

しかし、調べるにもスマホのスクロールで余計に気分が悪くなる始末…あの頃は本当に辛かったです。

色んなサイトで「つわりは赤ちゃんが元気に育ってる証拠!赤ちゃんを思って乗り切ろう!」といった文面を見かけました。

つわりの辛い自分は「そんなん無理!なら妊娠やめるー!」など、情けないことばかり考えてたような気がします。でも、本当に辛かったのです。

つわりの最中は、何かとても食べたいものが出来ると聞いてましたが、私の場合それはなかったです。とりあえず食べられるものを食べていました。

人生で1番果物を食べて、あとはポカリスエットをどうにか飲んで、毎日をやり過ごしてました。

とにかく気分が悪いのでお風呂に入るのも難しく、入ってる途中で吐き気をもよおし流しに走ることもたびたびです。

1番の恐怖は歯磨きでした。8割以上は歯を磨きながら吐いてました。そんな日々に終わりを告げたのは、妊娠6ヶ月に入ろうかという時期です。

つわりが終わると今度は食べ過ぎで体重注意のハンコを押されてしまいました


私はつわりで体重が6キロ減ってました。もともと瘦せ型の私はもうフラフラで、階段の上り下りもままならないくらいヘナチョコになってしまいました。

こんな状態で子どもを産めるのかと不安になったものです。

しかしつわりが終わると、とっってもご飯の美味しいこと!お肉やスイーツ、色々好き放題食べた私は一気に体重が増え、母子手帳に体重注意のハンコを押されてしまいました。

今まで生きてきて「体重をこれ以上増やさないで」と言われたことのない私は、食べ物に気をつけるという経験を初めてしました。

お肉は鶏肉、豆腐や野菜など、もともと好きななのでそんなに辛くはなかったのですが、甘いものを控えるのが少し辛かったです。しかし、つわりの頃を思うと全然平気でした。

胎動は赤ちゃんが生きてる証拠、嬉しさと愛しさでにやけていました


お腹が大きくなるにつれて、赤ちゃんが動き始めるのは生きてる証拠だと、嬉しかったのを覚えています。

最初のうちはお腹のなかでトントンとノックしてるみたいで、可愛らしくてニンマリしてました。それも臨月近くなると、ノックなんて可愛いものではなくなるのですが・・・・。

臨月でお腹が大きくなると、動くのが億劫になるのですが、病院で散歩や雑巾掛けなどをしてよく動けと指導されます。そうすると赤ちゃんが下がってきて、陣痛が起こりやすくなるそうです。

私の場合は1日1時間から2時間ほど散歩してました。予定日が近くなると実家の母に来てもらい、一緒に散歩して、いつ産まれてもいいように準備していました。

出産予定日を過ぎて陣痛促進剤を投与するも陣痛はなく、初日は終了


しかし、予定日過ぎても陣痛が起こる気配はありませんでした。初産ということもあり「陣痛とはなんぞや?」状態で、「まぁ始まったら始まったとき〜」と軽く考えていました。

そして、検診に行くと先生から「明後日までに陣痛こなかったら入院ねー」のお言葉。陣痛が来なかったら促進剤を使っての出産、もし促進剤でも出てこなかったら帝王切開での出産になるそうです。

しかも、緊急の帝王切開は他の大きな病院でないと出来ない、と言われてしまいました。これについては助産院で緊急手術はできないと聞いていたので、慌てはしませんでした。

やっぱり自然に産みたい!と思った私は病院から帰宅後、散歩にスクワットなど色々してみるも効果はありません。結局、促進剤を投与することになりました。

入院初日は付き添いが必要だったのですがタイミングよく旦那がその時に仕事が連休で、付き添ってくれることになりました。

やっぱり自然な陣痛とは違い、痛いと聞いてたので不安もありました。しかし、促進剤の投与が始まっても痛くもかゆくもありません。

助産師さんの「痛くなってきた?」の言葉に「痛くありません」としか返す言葉がありませんでした。結局、初日は何事もなく過ぎていきました。

夜中も約3時間ごとに助産師さんが赤ちゃんの様子を見に来てくれました。私としては寝かせてほしかったですが。

2日目でようやく陣痛が起こり、4時間のスピード出産でした


翌日は分娩室からのスタートでした。しかし、先生や助産師さんは「今日も出てきそうにないね」なんて談笑してました。

「今日も明日も出てこなかったら帝王切開になる!お腹開けるのは避けたい!」私のその思いが通じたのか、お昼過ぎてから陣痛が始まりました。とにかく腰が痛かったです。

旦那はお昼ご飯を食べに出てからなかなか帰ってこなかったので、既に陣痛が始まってる私の腰を助産師さんがずっとさすってくれました。

旦那が帰って来てからは本当にあれよあれよとお産が進み、陣痛がはじまって約4時間ほどでの出産でした。

ものすごく安産でした。旦那は立会いなんて無理!と前々から言っていたし、私も集中できないので立会い不要とし、1人での出産。

やっぱり、1人で助産師さんに任せての出産の方が私には合ってたみたいです。

出産後、助産師さんにまだ1人目を生んだ直後だというのに「2人目を産む時は気を付けて」と言われてしまいました。2人目は初産より出産の進みが早いので、心配されたようです。

我が子の可愛さは想像以上!非協力的だった旦那も可愛がっていました


我が子が産まれた時はとにかくホッとしました。「やっと出てきたー」「元気に泣いてるな」とそんなことばかり思ってました。

抱っこした時も「元気に産まれてきて良かった」とばかり思ってました。考えてた以上に自分の子どもは可愛くて驚きました。

入院中は旦那が毎日来てくれて、赤ちゃんを可愛がっていました。妊娠中よりも幸せを感じたことを覚えてます。

病院のご飯も美味しいし、助産師さん達も優しくて頼りになるしで、退院したくなかったです。つわりや出産など、大変なこともあるけど産んで良かったと感じてます。

妊娠・出産についてのアドバイスとアンケートと費用について


妊娠・出産を控えている方へのメッセージ


出産はもちろん大変なことです。情報が溢れてる昨今、色んな体験談、事例を見て不安になることもあると思います。

でも、出産するのはあなた自身で、どんな出産になるかは誰にも分かりません。なるようにしかなりません。

だから、不安よりも楽しんで出産してください。「あんなこともあったなー」と笑いながら赤ちゃんにお話してあげて下さいね。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?


つわりはひどかったですが、もう1人は産みたいです。

ynaさん(32歳、松山市、旦那35歳、子ども5ヶ月)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 臨月で支えになってほしい夫が無神経な言動を繰り返しストレスです

  • 【生理が来てほしい】漢方や冷え対策をして自分の体と向き合ってます

  • 出産がトラウマで二人目を産むのが怖い!結果安産で難産との違いにびっくり

  • 2人目の出産】1人目と違っていた【つわりや分娩】妊娠中の体験談

  • パセドウ病の私が妊娠、母の死という最大の悲しみを乗り越えて出産

  • 子宮口が開かない!陣痛も治まり促進剤で陣痛を起こして出産