1. TOP
  2. 【初めての妊娠】に不安がない人はいない!妊婦仲間と情報交換が大切

【初めての妊娠】に不安がない人はいない!妊婦仲間と情報交換が大切

 2016/10/21 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 158 Views

私はもともと生理不順でしたので、すぐに妊娠するとは思っていませんでした。前もって子供ができないかもということを主人に伝えておき、結婚後に不妊治療の病院に通院しました。

早めに通院したので、なんとなく気分的にはあまり重くならず、まだ結婚したばかりだからすぐに妊娠しなくても大丈夫という気楽さもありました。

【初めての妊娠は不安がいっぱい】考えすぎて倒れたことも


病院の検査結果は、やはり妊娠しにくいかもということでしたが、色々検査をしていく過程で妊娠が発覚しました。早い段階で病院へ行っていたので、結婚後1年半くらいで妊娠しました。

妊娠したとはいえ、その当時では高齢出産と言われる30歳を過ぎていました。

子供が無事に健康で生まれてくるのか、何か障害をもって生まれるのではないかということが、とても気になって考えすぎ、一度電車の中で倒れたこともありました。

倒れてすぐに救急車で病院に運ばれましたが、少し貧血があるけど自律神経失調症ぎみではないかということでした。

初の出産妊娠だったので自分では分かりませんが、色々不安などが体に出てしまったようです。その後、今度はまた別の整体の先生が私の体を診察した時に、自律神経失調症気味と言われました。

その整体の先生に、「生まれてくる子供に障害があったら、どうしよう」なんてことをいつも考えてしまうと話しました。

【妊婦の友達と情報交換】マタニティビクスやランチで不安を解消


私は相談した整体の先生から「まだ生まれる前なのに、生まれた後のことをくよくよ考えてどうするんだ?」という言葉を掛けられ、なんとなく気持ちが楽になりました。

先生の言う通りだなと思い、なるべく色々考えずに過ごそうと思いました。そしてその頃にちょうど同じ時に妊娠をしたお友達が、里帰り出産で地元に帰ってきたので、それからは楽しい妊婦ライフでした。

一緒にマタニティビクスに通ったりランチをして、妊娠の不安や出産後に必要なものは何かなど情報交換をすることでとても気分が晴れたこと覚えています。

やはり同じ環境である妊婦友達と会って話をすると、よく落ち着きます。

マタニティビクスも色んな妊婦さんが参加していたので、妊婦さんの情報交換ができたり、助産師さんも時には一緒に踊っていたので、終わってから色々話が聞けてとても助かりました。

妊婦って不安だらけなので、一緒に同じ不安に立ち向かう同志のような感覚でしょうか、仲間意識が強くなるような気がします。出産経験のあるお友達も色々と教えてくれたので、大変心強く思いました。

スムーズに出産できたのは、体重管理と安産体型?


私が妊婦生活で良かったかなと思うのは、体調が良かったというのもありますが、なるべく動くこと、散歩をすること、そして、体重を増やさないようにすることの3つでした。

マタニティビクスもそうですが、極力動いていました。散歩中にお腹が張ったりすると一休みしたりして、動くけれども、無理はしないというスタンスでいました。

そうやって、動いていたお陰か、体重増加も八キロ程度でした、それが良かったのかどうかわかりませんが、出産は超安産のスピード出産でした。

陣痛かな?と思った時間から、わずか4時間で第一子が誕生しました。

ただスムーズに出産できたのは、私が安産体形ということもあるかもしれません。というのも、マタニティビクスにいる助産師さんが背の高い私をみて、安産体形だと仰ったんです。

あまり肉がついてないのもあって、それ以上あまり体重を増やさないようにと言われていました。ちょうど第一子の時はお正月をまたぎましたので、食欲との葛藤は大変でした。

2人目の妊娠も体重管理に気をつけてスピード出産


母や義母など昔の人は、「お腹に子供がいるんだから、二人分食べなさい」なんてよく言っていました。

その言葉に負けて、食べないようするのが大変でしたが、なんとかあまり太らずスピード出産ができたような気がします。

2人目の出産のときも、頑張って太らないようにしました。2人目はなんと、これが陣痛かなという状態から2時間で出産しました。陣痛が来たと思った時からは、1時間程度だったでしょうか。

妊婦ライフは、初産については当たり前のことですが初めてのことばかり。おまけに人生で1度や2度あるかないかの大変な出来事です。不安がない人などいないと思います。

経産婦さんなら、多少の余裕と上の子供のお世話で不安と考える暇もないかもしれませんが、とにかく同じ妊婦仲間を作って、情報交換することが大切だと思いました。

お喋りが苦手でも、妊婦のお友達を作って情報交換することをオススメ


不安な気持ちを1人で抱え込むことは、決して良いことではありません。私の場合は同級生が数人も同じころに出産を予定していました。私より予定日が1か月早い友達、そして数日遅い友達と、3人でいつも情報交換三昧でした。

おかげで不安も減りましたし、早く出産した友達に色々話を聞き、私が出産を迎える友達に出産時の話をしたりと、とても良いリレーができていました。

出産後も子供を交えて、3人プラス子供3人でよく会いました。女性はおしゃべり好きだから、それがストレス発散になる。そんな女性だから出産という、男性にはできないことが経験ができるのかもしれません。

おしゃべり好きではない妊婦さんでも、その時だけでも仲間とお喋りすることをお勧めします。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について


妊娠・出産を控えている方へのメッセージ


色々考えずに、出産に臨んで欲しいと思います。少しでも不安があればすぐに、相談できる人に相談するのが一番。1人で抱えてはいけません。

人生に1度か2度あるかないか、そして女性しか経験できない妊婦ライフ、出産を楽しみましょう。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?


不思議と出産の痛さを忘れ、生まれてきた子に兄弟をなんて思いました。

かつさん(49歳 東京都国立市 旦那48歳 子ども16歳 14歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 妊娠中に注意すること【性行為で出血】・【体重増加で難産】になった私の体験談

  • 帝王切開の傷がケロイドに!二人目は対策をして楽に産後が過ごせました

  • 【不妊治療休憩】まさかの妊娠発覚に感動、今では3人のママです

  • 妊娠中に胃腸炎になり病院を受診、先生の冷たい態度に号泣した体験談

  • 子供嫌いの私が出産、この子のためなら何でもできる!と力が湧きました

  • 妊娠中の貧血で鉄剤は大丈夫?服用はせず無事に妊娠期を終えて出産