1. TOP
  2. 【海外での出産】費用はかからないけど驚くことばかりのスパルタ出産

【海外での出産】費用はかからないけど驚くことばかりのスパルタ出産

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 7 分で読めます。 416 Views

私は2度の出産を、旦那の母国であるメキシコで行いました。自分が妊娠するまで、心の準備も何も出来ておらず、ネットで調べて妊娠・出産の情報を得ていました。

費用は無料だけど、エコーの設備もなし?

メキシコでは国の運営する病院は無料で、日本でいう社会保険の適応する病院(無料)と、全額個人負担になる高額の病院があります。多くの一般市民は国の運営する病院か、保険の利く病院にかかります。

私は国の運営する無料の病院にかかりましたが、診察は32週目に入るまで月1回の診察で、それ以降は2週間に1度の診察でした。内診は1度もなく、エコ―の設備もありません。

お腹の中の子供の様子が見れたのは、日本に里帰りして診察を受けた妊娠7ヶ月の時と、出産間近になって先生から別の病院でエコ―の写真もらってきて下さい、と言われた2度だけでした。

何を根拠に予定日を示したのか怪しかったですが、予定日とされていた1週間後に陣痛が来ました。

ネットで調べたととおり、陣痛が5分間隔になったのを確認してから、車で30分離れた病院まで向かいました。

陣痛をこらえて2キロ先の病院へ

陣痛をこらえながら病院のある町に着いたら、なんと町を繋ぐ橋が、劣化と大雨の影響で折れてしまっていました。

人が通れる緊急の橋は繋がっていましたが、車は通れません。私は車を降り、2キロ先の病院へ歩くことになりました。

橋を渡り町に入れば、救急車もタクシーも手はあったんですが、歩けば赤ちゃんが降りてきて、お産が楽になるというネットの情報を信じていました。

汗だくになって歩き、時に立ち止まり、そして壁に寄りかかりながら何とか病院まで歩きました。旦那も同伴してくれていましたが、痛みでいっぱいいっぱいで、彼がどんな感じだったか全く覚えていません(笑)

救急に向かい、すぐに先生に内診をしていただきました。子宮口が7~8㎝開いていと言われ、分娩室の前の待合室で1時間ほど横になり、1人で待機しました。

その間に、初対面になる担当の先生と看護師さんの紹介があり、妊娠の過程や私の学歴、家族構成、そして宗教など色々な質問をされました。

いきむ方法を教わってない!【担当はお産が初めての先生?】

陣痛でいっぱいになりながらも、痛みのない間に先生と少しお話も出来て、あまりにも先生が若く見えるので、先生の年齢を聞いたところ22歳でした。

もしかしてこの先生は、私が小学生のときに見ていたアメリカのドラマの天才少年ドギーハウザーのように天才で、何年か学年を飛び越えてきたのかと考え信じることにしました。

先生に、何度お産に立ち会ったかと聞いてみたら初めてだと答えました。もう、頭が真っ白でした。

でも陣痛の間隔は短くなるし、どんどん余裕もなくなり、とにかく陣痛に耐えることで精一杯になりました。

そしてやっと分娩台に上がり、先生と看護師さんに「いきんで!いきんで!」と言われるのですが、いきむという感覚が全くわかりません。今までの情報は本で読んだもので、直接教わったことがなく、最初は全くいきむ事が出来ませんでした。

そしたら、もっと年配の先生が入ってきて、私の足に包帯を巻きだしました。「赤ちゃんが心配だから、今から帝王切開の手術をします」と、いきなり言われました。

「今までこの痛みに耐えてきたのに、いまさら帝王切開でお腹を切られたまるか」と、うんちをする間隔でいきんでみると、「そう、その調子!」とOKサインが出ました。

私はそのまま陣痛の間隔を狙って、いきみました。

海外で、初めてのお産【母になった喜びと緊張】

陣痛は、本当に痛くて辛くて恐怖でした。叫ぶと赤ちゃんが上に上がってしまうと怒られながら、分娩室に上がって子供が生まれたのは、夕方5時でした。

陣痛がはじまったのが朝の7時、子供が生まれたのが同日の夕方5時、初産にしては安産の方なのかもしれません。

ありがたいことに、赤ちゃんは元気そのもので問題もなく、すぐに抱くことが出来ました。私は会陰切開をしたので、それを先生が縫ってくれたのですが、少なくても3回はやり直してました。

麻酔が効いていたので痛みはほぼなかったですが、先輩先生からのダメ出しもあり、とにかく苦戦している様子が伺えました。

赤ちゃんを抱いて病室に戻れたのは、もう夜の9時を回っていました。その間何も知らされてなかった旦那も、やっと赤ちゃんを抱くことが出来ました。

海外で初めてのお産を終えたという達成感、母になったという喜びと緊張で、心がいっぱいでした。

体力的に本当に疲れていたのですが、アドレナリンの分泌作用か、その晩は全く眠れず、横で寝ている息子を眺めていました。

メキシコでは、問題がなければ翌日退院

正直、子供が苦手で赤ちゃんの世話をしたことがなかった私と旦那は、赤ちゃんが泣き出してもオムツの交換の仕方がわからず、看護師さんを呼ぶ始末でした。

出産した晩は、会陰切開の痛みと怖さで起き上がれず、オムツ替えはすべて旦那にお願いしました。赤ちゃんに異常がない限り、生まれてすぐに赤ちゃんは両親に託されるようになっています。

私は、一睡も出来ないまま翌朝を迎えました。痛み止めが処方されていたので、それほど痛みを感じなかったのですが、少し動くのも恐怖でした。

朝の9時にはまた別の、実習生のような若い先生の内診があり、切開の状況も見てもらい退院しました。メキシコでは問題がなければ、翌日退院の指示が出ます。

退院の用意をしていると、看護師さんに「帰るまでにシャワーに入って、すっきりしておいで」と言われ、本当は怖くて行きたくなかったけど、水のシャワーを浴びてから退院しました。

日本との違いにビックリ【手術中も先生はノリノリ】

ハッキリいってメキシコでは、一般庶民の出産はかなりのスパルタです。お金を出せば全然違うようですが。

4年後に長女を出産したときは家で破水し、全く陣痛が来る気配がなかったので緊急の帝王切開をすると言われたのに、待機室で3時間ほど一人で横になって待たされました。

手術中には先生が、ノリノリの音楽をかけて鼻を歌い、先生と看護師さんの話し声も聞こえてくる、何ともメキシカンなノリのものでした。

無事に娘も生まれ、息子のときと同じように病室まで運ばれました。帝王切開であっても、生まれた赤ちゃんの面倒は両親がします。

最初のオムツは旦那が変えてくれましたが、その後は私がオムツを替えました。

あの引きつる痛みに耐えながら、寝ては起きてのオムツ換え。自分でトイレに行くのも辛かったです。

日本の場合だと、帝王切開の場合は最低で5日は入院すると聞きました。メキシコでの出産しか知らない私には、正直びっくりです(笑)

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

人それぞれであるように、妊娠・出産の過程も違います。私はもう高齢のため、2人目の子供を出産後、先生から避妊の手術を勧められました。

メキシコでは、普通に避妊を勧めます。手術も無料です。だからなのか、下の子が大分手がかからなくなってくると、妊娠中の、お腹に赤ちゃんがいるというドキドキが恋しくなります。

どんどん大きくなるお腹につわり、頻尿、むくみ、寝不足。本当に大変な時期だけど、幸せを感じる時期だと思います。

とにかく楽しんでください、自分の時間もいっぱい作ってください。赤ちゃんが生まれると、なかなか自分の時間も取れません。

でも赤ちゃんとの生活は本当に楽しいし、愛おしいです。出産は大変だけど、赤ちゃんを抱いた瞬間忘れてしまいますから!

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

出産中はもう絶対子供はいらないと思いました。出産後の痛みがなくなると、そんな気持ちを忘れ、赤ちゃんが1歳になるころにはもう1人って思います。

出産一時金や、雑費・お部屋代を除いて手出しした費用について

国自体貧富の差が激しいので、メキシコはピンきりです。私のようにメキシコで中流の中から、その下の生活をしている人は、大体国の保険です。

または社会保険を使った形で出産すると、妊娠中のビタミンから、出産後の痛み止めの薬まで全て無料です。ただ、設備は整ってなかったりと、色々問題もあります。

その他に、もっと整った施設である個人病院での出産もありますが、10万から50万くらいでしょうか。

ハポネサさん(35歳、メキシコ在住、旦那36歳、長男5歳、長女1歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 陣痛?と思いきや破水!【出産を車の中で体験し救急車で運ばれる】

  • 【初産で出産予定日が早まる】3週間早く産まれても長男は3000グラム

  • パセドウ病の私が妊娠、母の死という最大の悲しみを乗り越えて出産

  • 前駆陣痛とおしるしから本陣痛 へ、初産でしたが7時間で出産しました

  • 帝王切開中に卵巣のう腫が見つかり切除!お産と病気発見の奇跡に感謝

  • 陣痛がこない!初産で妊娠中毒症の私は帝王切開で出産しました