1. TOP
  2. 【妊婦は食事制限がストレスに】妊娠高血圧症候群で無痛分娩の準備!

【妊婦は食事制限がストレスに】妊娠高血圧症候群で無痛分娩の準備!

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 388 Views

26歳で結婚しましたが、30歳になっても子供ができませんでした。私は少し焦ってきて、本格的に子づくりを始めました。

それでも妊娠できなくて、31歳の時に不妊治療専門のクリニックに通い始めました。タイミング法で、運良く3回目で妊娠できました。

2週間後の心拍確認まで不安

私はタイミング法3回目のとき、「きっと今回も駄目だろうな、次は人工受精にチャレンジしよう」と思っていました。

しかし、なんだか腰が痛くて生理が始まりそうなのに、なかなか生理は始まらず、妊娠検査薬で検査してみたら陽性反応でした。私は驚きと嬉しさのあまり、寝ている旦那を叩き起こして報告しました。

すぐに通っている病院にも電話しましたが、「今来てもらっても、まだ初期のため胎嚢も確認できないので、1週間後に来てください」と言われました。

とても長い1週間でした。その間は本当に妊娠しているのか信じられなくて、何回も検査薬を使ってしまいました。

1週間後、病院で無事に胎嚢を確認できましたが、2週間後に心拍確認に来てくださいと言われました。お医者さんからは、心拍確認ができずに終わる場合も2割程度はありますと言われました。

そんなに高い確率で心拍確認ができないことがあるなんて、私は全然知らなかったので驚きましたし、その2週間、不安でたまらなかったです。

妊娠初期は腰痛と眠気との戦い

心拍確認をするまでに、ちょうど風邪をひいてしまいました。咳がたくさん出て、咳をする度にお腹に力が入ってしまいます。

私は、「これが原因で赤ちゃんが流れてしまったら、どうしよう・・・。」と、とても心配しました。

今考えると、初期の流産の原因は、赤ちゃんの染色体異常が大半らしいので、母親の状態はあまり関係なかったと思います。

でも、妊娠した当時は知らなかったですし、待ちに待った赤ちゃんですから、重たい物を持つことも小走りすることも一切やめ、ただただ2週間安静に過ごしていました。

2週間後、無事に心拍が確認され、大変安心しました。しかし、今度は激しい腰の痛みに苦しみ始めました。

妊娠により骨盤が緩んでくることや、ホルモンの影響らしいので仕方ないのでしょうが、我慢できないくらいの痛みで夜も寝れないことがありました。

鎮痛剤や湿布を使いたい気持ちがありますが、妊娠初期で薬類は一切やめた方が無難だとのことで、私は耐えるのみでした。

病院で教えてもらった腰痛体操等もやってみましたが、あまり効果はありませんでした。悪阻や食べ物の好みの変化等は一切ありませんでしたが、私はものすごい睡魔に襲われていました。

体重管理と食事制限がストレスになりました

私は妊娠した当初も働いていたので、職場でも眠くなってしまい、眠気をそらす為にガム等をかんだりしていました。

妊娠4ヶ月の頃には腰痛も落ち着き、経過は良好でしたので、旦那と旅行にも行けました。夫婦二人では最後の旅行になったので、行っておいて良かったと思います。

私の通っていた病院はかなり体重管理が厳しいところで、検診の度にお医者さんに「体重管理をしっかりやりましょう」と言われていました。

食事は野菜メインに切り替え、カロリーの低い豆腐やこんにゃく等を多く食べるように気をつけていました。外食や買い食いも控えるようにしていました。

しかし、そんな生活が余計ストレスになってしまい、妊婦検診が終わると一時的に沢山食べてしまうこともありました。妊娠前は48キロの体重だったのですが、妊娠8ヶ月の頃には57キロになりました。

私は里帰り出産のために、妊娠9ヶ月の頃に実家に戻ったのですが、仕事や家事から解放されて心も身体も楽になったこともあって、更に体重増加が止まらなくなってしまいました。

妊娠高血圧症候群で入院!ベストな出産方法は?

1日1時間程度はウォ–キングしていましたが、それでも体重が増えていきました。予定日の頃には63キロくらいまで増えていました。

今まで検診で血圧が高いこともなかったのですが、予定日の検診では血圧は下が98、上が130と高くなってしまいました。

また、尿タンパクも出たため妊娠高血圧症候群と診断され、入院することになりました。

お医者さんから「このまま陣痛が起きるのを自然に待てば、血圧がもっと高くなるかもしれないので、陣痛誘発剤を使用し、早く産みましょう。」また、「血圧が高いので麻酔をして、無痛分娩にした方がいいです」と言われました。

今までずっと経過良好だったので、自然に産めると思っていたためショックでしたが、赤ちゃんにとっても母親にとっても、それがベストな方法と言われたので、お医者さんの指示に従い、麻酔の予約を取りました。

10時間の末、無事に出産できました

無痛分娩の準備をしていましたが、お昼過ぎには自然に陣痛が始まり、結果としては促進剤も麻酔もなしで出産しました。

血圧は上が200を超えるくらいまで上がってしまい、陣痛よりも血圧の影響の頭痛が酷くて、ずっと頭が割れそうで辛かったです。

私は、降圧剤を点滴しながらの出産になりました。途中気持ち悪くなり何度も嘔吐を繰り返しましたが、10時間苦しんだ末に無事に赤ちゃんを産むことができました。

赤ちゃんの体温は低めだったこともあり、1日、保育器に入ることになりました。私は産後も血圧が高い状態がしばらく続き、2日間はベットで安静にしていました。

1ヶ月検診では、母子ともに健康で問題のない状態でした。

結果としては無事に出産できたので良かったのですが、看護婦の友達等に聞くと、血圧200の段階で普通は帝王切開になるよと言われました。

私の場合はなぜ帝王切開にならなかったの分かりませんが、妊娠高血圧は恐ろしいらしいので、次回妊娠時は注意したいです。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

妊娠中は過度に色んなことを不安に思う必要はないですが、やはり、何がおこるかわかりません。心や身体に無理のない生活を心がけてください。

少し疲れたなとか、お腹が張っているなと思ったら、休んでくださいね。またそれぞれに理想のお産があると思いますが、母子ともに健康なことが一番良いお産だと思います

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

もともと、子供は二人欲しかったのですが一人目の妊娠、出産を経験して、二人目を産みたいという気持ちがより強くなりました。

みくさん(35歳、海老名市、旦那49歳、子供3歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 初産で出産時間は1時間半!出産予定日より3日早く、母の対応に感謝

  • 【高位破水で入院】陣痛始まりから3日、促進剤の12時間後に出産

  • 緊急帝王切開の術後の痛みは壮絶!それでも今は3人の母【痛みは忘れる】

  • 前駆陣痛から出産まで【12時間の痛み】里帰りする日におしるしが来た!

  • クロミッドが効かない!ホルモン注射を行いながら不妊治療中です

  • 【妊娠初期から出産までつわり】お腹の赤ちゃんに幸せをもらった妊娠生活