1. TOP
  2. 貧血で氷を食べる氷食症。鉄剤の注射で症状が落ち着き、無事出産しました

貧血で氷を食べる氷食症。鉄剤の注射で症状が落ち着き、無事出産しました

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 489 Views

もともと妊娠前から鉄欠乏性貧血と診断されていた私。妊娠初期の頃に血液検査をした結果、ヘモグロビンの値が9ほどでした。

先生からは「鉄分の多い食事を心掛けて、このまま様子をみていきましょう」と言われました。

氷食症の原因は貧血、鉄分を摂ってもヘモグロビンの値は下がる一方

それからなるべく鉄分が多く含まれている食材を調べて、積極的に摂るようにしていました。また、サプリからも鉄を摂るようにしていました。

妊娠中期に入り、お腹が大きくなってきた頃、やたら疲れるようになりました。 一つの動作をすると一旦ソファで休まなければならないくらい、しんどくなっていました。

季節は夏だったので、暑さのせいなのと、「赤ちゃんが大きくなってきているからそりゃ疲れるよな」くらいに思っていました。

それと同時に、やたら氷が欲しくなって、氷ばかり食べるという状態にもなりました。コップ一杯に氷を入れ、そこにお茶を注いで飲んだ後、氷を食べつくします。

それでも氷が食べたくて仕方がなくなって、氷をおかわりしてまで食べていました。

妊婦なのに体が冷えることも気にしていましたがそれでも氷が食べたくて、その後温かい物を飲んだりもしていました。それほど氷が食べたかったのです。

氷を食べると、ボリボリと噛んでる時がものすごく幸せで、心が落ち着いていました。

でも異常なくらいの量を欲していたので、インターネットで調べてみたところ、氷をたくさん食べるのは貧血の症状の一つで、「氷食症」という病名まで付いていました。

もともと鉄欠乏性貧血と診断されていたので特に驚きませんでしたが、早く貧血を改善しないといけないなと思いました。

妊娠後期に入ってもう一度血液検査をしたところ、貧血はすすんでいて、ヘモグロビンの値は7.6にまで下がっていました。

先生はなんで?と驚いていましたが、私も理由は分かりませんでした。食事やサプリからも鉄分を摂っていたのに、「増えるどころか減るなんて‥・。」と思いました。

やはり赤ちゃんに、ものすごいスピードで栄養が取られていったのかなと思います。

鉄剤の注射で貧血状態が改善、ヘモグロビンの値も上昇しました

そこで急きょ、出産まで鉄剤を処方してもらうことになりました。早速飲んでみましたが、次の日にものすごくお腹が痛くなり、下痢が一日中続きました。

病院に相談したところ、鉄剤の影響かもしれないということで、今度は鉄剤を直接注射することになりました。週に3回鉄剤を打ちに病院に通い、1週間程経った頃に、氷が全く欲しくなくなっている自分に気づきました。

鉄剤を直接注射する事によって、貧血状態が改善されていったのです。そして、体がひどく疲れやすかったのが、かなり動けるようになりました。

そして出産前にもう一度血液検査でヘモグロビンの値を確認すると、7.6から13まで上がっていました。先生は妊婦さんでこんな数値見たことないと言っていました。

腕は注射針の跡で青くなっていましたし、通うのも大変でしたが、やはり注射にしてよかったと思いました。そして、貧血を軽く見ていたので、危なかったと思います。

出産の際に大量出血する事もあるらしいので、きちんと貧血を改善しておく事は、母体にとっても赤ちゃんにとっても大事な事です。

大好きな糖分や炭水化物は我慢、妊娠糖尿病には至らず無事出産しました

また貧血の他に、太りすぎないように指導されていたので、体重管理もしなければなりませんでした。妊娠中は、やたら食べたくなります。

つわりから解放されると食べ物が美味しく感じられ、また甘いものがすごく欲しくなります。私は夏場だったのもあってアイスがたまらなく食べたくなり、毎日食べていました。

冷たくて喉越しがよかったので、本当はもっと食べたかったのですが、なんとか我慢して1日1個までにしていました。

その他にも妊娠前までほとんど欲しくなかった果物、特にブドウやスイカが食べたくて仕方なくなり、市場で買ってきて食べていました。

果汁がとてもおいしくて、なおかつ健康に良さそうという感じがしていたので、食べ過ぎてしまいました。そうしているうちに「糖の値が高い」と言われてしまいました。

私はお米やパンが大好きなので、糖質制限するのはキツかったです。果物は糖が高いからダメ、炭水化物もダメ、となると「じゃあ何を食べればいいの?」とストレスになっていました。

しかし、妊婦検診の前日からは糖の高いものは取らないようにして、なんとか数値がプラスにならないようにしていました。気をつけていたおかげで、なんとか妊娠糖尿病にはならずに済みました。

でも、臨月に入り、「もういつ産まれてもいいよ」と言われた時には全てがどうでもよくなり、ここまで頑張ってきたのだから少しくらいいいだろう、という変な理由で、好きな物を食べていました。

そして産まれる最後の妊婦検診では1週間のうちに体重が2キロも増えて、最後の最後に助産師さんに怒られました。

トータルで体重は13キロ増えてしまいましたが、なんとか無事に元気な赤ちゃんを産む事ができました。

妊娠・出産についてのアドバイスとアンケートと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

妊娠中は辛いつわりや体重管理、貧血なと様々なトラブルに見舞われて大変ですが、妊婦期間はあっという間なので、なるべく楽しんでほしいと思います。

赤ちゃんが産まれてからはとても忙しくなるので、自分のために時間を使うことも大事だと思います。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

辛かったつわりと、出産の時の痛みがまだ忘れられません。2人目はもう少し後がいいかなと思います。

マロンさん(30歳 石川県 河北郡 旦那29歳 子供0歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 妊娠中に注意すること【性行為で出血】・【体重増加で難産】になった私の体験談

  • 【高位破水で入院】陣痛始まりから3日、促進剤の12時間後に出産

  • 【妊婦は食事制限がストレスに】妊娠高血圧症候群で無痛分娩の準備!

  • 初産だけど陣痛から3時間で出産、予定日を9日過ぎてたけど安産でした

  • 双子の妊娠で管理入院!安静にして点滴を24時間しながら成長を見守る

  • 陣痛の始まりは夜中、全身に電気が走ったかのようなしびれと急激な寒気