1. TOP
  2. 陣痛?と思いきや破水!【出産を車の中で体験し救急車で運ばれる】

陣痛?と思いきや破水!【出産を車の中で体験し救急車で運ばれる】

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 305 Views

現在50歳になり、11歳になる娘がいます。結婚して8年、36歳くらいの時に「子供はもう無理かな。できないのかな?ちょっと病院に行ってみよう」と、思い切って産婦人科の不妊治療を受けることにしました。

高身長の私【マタニティウェアのサイズがもっとほしい・・・】

不妊治療といっても、初めは排卵日を教えてもらい、タイミングを合わせるというものでした。それでも、なかなか妊娠ができず、もう諦めようと思ったとき、なんと妊娠していることに気が付いたのです。

無理だと諦めかけていたので、タイミングなんて気にしていませんでした。結婚8年目にして自然妊娠できたとき、私は37歳になっていました。

赤ちゃんは順調に育ち、私なりに運動不足が心配だったので、少し離れたスーパーまでよく歩いて買い物に行きました。

私は身長が163cmあり、そんなに細くはなかったのですが、妊娠してお腹が大きくなるにつれ、困ったことがありました。市販の下着で入るのかしら?と心配になってきたのです。

小柄な人はそんなに下着で悩むことはないと思いますが、私は体格が良いほうだったので、下着や洋服にも心配なことが増えてきました。

幸い、身長が同じくらいの友達に服を頂いて助かりましたが、大柄な身長の人用の妊婦服が、もう少しあれば良いのにと思いました。

もしかして陣痛?生理痛のような痛みから一変!

妊娠中、つわりはほとんどなく、赤ちゃんは昼間はよく寝ていて、夜になるとお腹をドンドン押して蹴って、暴れていました。

とても健康で順調だったので、私も安心して家事や散歩など、普段から動いていました。予定日より4日ほど前、午前中にテレビドラマをつけたまま洗濯物を干していました。

その時、「あれ?生理痛の軽い感じ」と懐かしい痛みがありました。でも陣痛にしては軽すぎるし、普段の生理痛でもこんなに弱くないわ、と思って少し様子を見ていました。

すると、「あれ?いきなり10分間隔?」と、どう考えても痛みがくる間隔の空きかたが陣痛のようになりました。

とりあえず病院に電話して、「こんな状態です」と説明してみることにしました。看護婦さんには「もう少し様子を見てください」と言われました。

私はその間に主人に電話して、「そろそろ準備するから、帰ってきて」と車で送ってもらう準備をしました。

そして、洗濯物が途中だったことを思い出し、「さっさと干してしまおう」とベランダに出たとき、思い切り強い陣痛が来ました。

車の中で破水【早く救急車呼んで!】

ぎゅうう~っと強い痛みがきて、私は思わずしゃがんでしまいました。

「どうしよう。間隔がこんなに短いということは、もうすぐ産まれるのかもしれない。」私は焦って必死に主人に電話し、「早く帰ってきて!」と伝え、もう一度病院にも電話しました。

看護婦さんは慌てておられたようですが、「すぐに来てください」と言いました。主人が帰って来たときには、陣痛はますます強くなっていて、玄関まで出ようとしても立っていられませんでした。

やっとの思いでエレベーターで下まで降り、マンションの出口まで行く途中、また激しい痛みでしゃがんでしまいました。

管理人さんにも手伝ってもらいながら車に乗り込み、動き出したときに「パン!」と何かがはじけるような音がして、破水しました。

陣痛はますます激しくなり、車が10分ほど走ったころには痛みだけでなく、赤ちゃんが出ようとしている感覚が出てきました。

もう無理です。これ以上車で走り続けても、病院にはあと20分以上かかるはずです。私は必死になって、運転する主人に「救急車呼んで!」と叫びました。

予期せぬ立ち会い出産【車の中で生まれた産まれた娘】

何度か、激しい痛みと押し出されるような感覚があった後、私は車の中で娘を出産しました。

そこに救急車が到着しました。乗っていた乗用車はすぐ近くのガソリンスタンドに預け、救急車で病院に向かいました。産まれたのは2992gの、元気な女の子です。

主人は子供が生まれる前まで、立ち会いは絶対に嫌だと言っていましたが、結果的に究極の立ち会いになってしまいました。

病院に行ってから、私の様子もビデオを撮られていたようですが、私はすごく青ざめていました。

娘も黄疸は出ましたがその他は何事もなく、先生には「次はぜひ、当院で出産してください」と笑われましたが、本当に感謝しています。

あの時、救急車を呼んでいなかったら、ひょっとして娘は助かっていなかったかもしれません。

テレビで見るような出産を体験した私【無事でよかった】

私自身も相当な出血だったようで、しばらく貧血でしたが、食欲は人一倍ありましたので、回復は早かったと思います。親戚や家族には「女は強い」と言われたことも思い出しました。

病院によると、1年に1人か2人くらいは救急車で運ばれる人がいるそうですが、まさか自分がそんな体験をするとは思ってもいませんでした。

よくテレビなどで車の中で出産したという話題を聞きますが、本当に自分の身に起きるとは考えもしていません。

陣痛は人によって、痛みも間隔も違うんだなと改めて実感しました。何度思い出しても、ヒヤヒヤします。

絶対に立ち会わないと言っていた主人ですが、私はお腹の娘に向かって「パパが居るときに生まれて」と、立ち会わなくても、せめて病院にいてくれるときに生まれて、という意味でお腹に向かって話しかけていました。

思いが通じたのか、大変だったけど二人がそろっている時に娘は生まれてきました。本当に何事もなく無事でよかったです。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

生まれてくる赤ちゃんは、母親の不安や期待をちゃんと知っていて、「お母さん大丈夫だから、一緒に頑張ろう」と言っているように感じたことがあります。

無理に母親になろうとしなくても、赤ちゃんと一緒に母親として成長するんだなあと思います。大変なことも多いけど、無理せずに周りに手伝ってもらって乗り切ってください。

お母さんがどんなに大変で必死なのか、私はよくわかります。頑張ってください。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

年齢がもっと若ければ、もう一人くらい兄弟姉妹がいても娘のためにはよかったんだろうな、と思います。

出産一時金や、雑費・お部屋代を除いて手出しした費用について

車で出産したので、出産一時金よりも安かったのを覚えています。

九死に一生ママさん(50歳、京都市、主人57歳、娘11歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 妊娠中にお菓子の食べ過ぎ【血圧を下げるために運動したら切迫早産に】

  • 【高位破水で入院】陣痛始まりから3日、促進剤の12時間後に出産

  • 出産後、母乳が出過ぎて乳腺炎に!初めての育児はトラブル続きでした

  • 妊娠中はおやつを手作り【食事制限できたのは家族の理解と協力のお陰】

  • 2人目の出産】1人目と違っていた【つわりや分娩】妊娠中の体験談

  • 帝王切開の傷がケロイドに!二人目は対策をして楽に産後が過ごせました