1. TOP
  2. 羊水が濁る原因はストレス。妊娠中、むくみがひどく寝て過ごす毎日が辛い

羊水が濁る原因はストレス。妊娠中、むくみがひどく寝て過ごす毎日が辛い

妊娠・出産(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 420 Views

妊娠に気づいたのは、私が顎関節症の手術を終えて一週間後でした。生理がこなくて、検査薬を使ってみたところ妊娠がわかりました。

妊娠初期に引っ越し、むくみと横になって過ごす日々が辛く情緒不安定に

顎関節症の手術では全身麻酔をしました。心配で心配で、婦人科と産婦人科で診察を受けましたが、超初期だったために麻酔の影響はないということでした。

ちょうど引越しを考えている時期でした。手術の後は少しの間ゆっくり過ごしてから、妊娠3ヶ月くらいの時期に高速バスを使って、自宅と引っ越し先を行ったり来たり・・・。

産婦人科の先生には、妊娠中はゆっくり過ごすように言われていました。でも引越しをせざるを得ない状況で、私自身が動かないといけなかったので、無理をしてしまいました。

お腹もそんなに大きくなかったので、歩いたり、重いものを運んだりして、無事に引越しは終えたのですが・・・。

5ヶ月の検診でむくみがひどいと診断を受けました。お腹が大きくなくても、お腹の中にいる赤ちゃんには大変な負担になっていたみたいです。

3〜5ヶ月の間はつわりがひどかったし、ご飯をあまり食べれなかったことも影響していたと思います。

そして、むくみをこれ以上悪化させないために、最低限の家事をする以外は横になって、ゆっくり過ごすことを心がけました。

産婦人科の先生いわく、母親が横になってゆっくり過ごすことで、酸素がお腹に供給されやすく、赤ちゃんも呼吸がしやすい状態になるみたいなのです。

ただ、この「横になって過ごす」毎日がかなり辛かったです。数日で腰痛になるし、たまに買い物で外出をすると、筋肉を使っていないためか膝が痛んで仕方なかった。

そして、歩くとすぐに足の指や甲がむくみでパンパンになりました。

「外に出ない生活をすると、こんなに体力がなくなるのか・・・」と、とても落ち込んだ記憶があります。気分転換ができないので、イライラしたり、急に悲しくなったり。

「赤ちゃんなんていらない!」と、とんでもないことを考えたりして。自分の体なのに、なんでこんなに制限されないといけないの!とひたすら感じていました。

妊娠期間は、人によって差はあるものの大体10ヶ月程度。1年弱の出来事なのに、それ以上の期間を過ごしている感覚でした。

逆子で入院後は旦那さんの実家で過ごし、寝て起きてご飯を食べる日々

7ヶ月目で逆子になってしまって、一週間入院しました。入院中も暇で暇で仕方ありませんでした。

むくみで体重は12キロ増えていて、それだけでもしんどいのに「ご飯をよく食べなさい」と先生からうるさく言われていました。

退院の日、あまり体重は減っていなかったのですが、逆子は治っていました。この時は本当に安心しました。

そして、その日から旦那さんの実家で過ごすことになりました。

自分たちの家に帰っても、私がとても家事ができる状態ではなく、立っていられないくらいに体重増加とむくみがあったので、体を十分に休めて赤ちゃんに酸素と栄養をいきやすくするためでもありました。

幸い、旦那さんの親御さんは優しい方でしたので、食事も栄養を考えて作ってくださって、とても助かりました。本当に過ごしやすい日々を送りました。

出産までの3ヶ月弱は、ずっと寝て起きてご飯を食べて、また寝て・・・の繰り返し。予定日一週間前までそんな生活を送っていました。

出産後、羊水が濁っていたことが判明。ストレスが原因のようです

予定日3日前、少しづつおりものの中に血が混ざり始めました。診察を受けても、子宮口が全然開いていなくて、予定日を余裕で過ぎるだろうと言われていました。

なので、のんびりいつも通り過ごしていたのです。

しかし予定日二日前から、腰がジンジンと痛み出したのです。生理痛の少し重たい感じでした。

さすがに心配になったので産婦人科で診てもらいましたが、「まだ子宮口は開き始めていませんよ〜また何かありましたら電話してくださいね〜」とあっさり帰されてしまいました。

はじめての出産で不安なのですが、なにを聞いていいのか、分からないところがわからず、モヤモヤしたまま帰りました。

予定日前日になったら痛みが強くなってきました。さすがに家で過ごしているのもキツくなっていたので、入院準備を車に積んで夜中に病院へ向かいました。

それからは、長い時間、前駆陣痛と戦いました。陣痛室で6時間過ごして、その間は看護師さんに腰をオイルマッサージしてもらいながら痛みをごまかしていました。

すると子宮口が急に開き始めたのです。

5センチ開くと、担架で分娩室に移動し、促進剤を打ってもらいました。その時、旦那さんが少しの間付き添ってくれたので心強かったです。

本当は血を見るのが苦手だから付き添いは希望してなかったのに。旦那さんには感謝でいっぱいです。

そして、2時間後に出産!いつの間にか会陰切開されていましたが、出産の痛みのほうが勝っており、全く気付きませんでした。

出産時、羊水がひどく濁っていたらしく、先生や助産師さんに「びっくりしたよ!」と言われました。私自身は見てないのであまり実感はありません。

先生に「無理していたり、ストレス溜めて過ごしていたでしょう?」と聞かれました。思い返せば妊娠中、横になる日々が私にとってはものすごいストレスでした。

羊水が濁っていたので、赤ちゃんの体調が心配でしたが、元気な産声をあげながら軽く洗われた後旦那さんに抱かれていました。

出産して、実際に自分がお腹を痛めて産んだ子供はとっても可愛くて、妊娠中や出産時の辛かったことや痛かったこと、いろんなことを一瞬で忘れることができました。

やはり奇跡を目の当たりにすると、今までにどんなことがあっても、この瞬間のために耐えてきてよかった!と感じます。

今、子供はよく母乳を飲んですくすく育っていますし、日々元気にたくましくなっていっています。これから3年間は手のかかる時期ですが、長い人生のたった3年。

毎日を楽しんで子供と過ごしていこうと思っています。

妊娠・出産についてのアドバイスとアンケートと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

今、出産を控えている方へ。赤ちゃんのためにもストレスを極力感じることなく過ごすようにしてください!

というのは、私がただ横になっている日々にストレスを感じていた結果、出産時に羊水がとても濁っていて、出産後に赤ちゃんをガスリー検査という先天性の代謝異常がないか検査させることになってしまったためです。

なので、家でゆっくり過ごすにしても、DVDを観たり、趣味の編み物をしてみたり、上手に気分転換しながら過ごすようにしてください!元気な赤ちゃんが生まれることを願っています。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

出産直後は、もう一人だけで十分だと感じていました。しかし、1ヶ月も過ぎれば痛みを忘れてしまい、もう一人子どもが欲しいと感じるようになってきています。

出産一時金や、雑費・お部屋代を除いて手出しした費用について

夜間に陣痛が始まって朝に出産。部屋代込みで8万円支払いました。

部屋代はそんなに高くなかったので、ちょっと割高だったかもしれませんが、いい産院で子供を産むことができたので、良かったと思います。

ぷくぷくちゃんさん(26歳、舞鶴市、旦那31歳、子供0歳1ヶ月)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 【旦那が子供に無関心】父性はいつ目覚めるの?出産後も旦那はすぐ帰宅

  • 双子の妊娠で管理入院!安静にして点滴を24時間しながら成長を見守る

  • 【出産・育児よりずっと辛い】吐きづわり・よだれつわりでマイナス3kg

  • 21歳で妊娠発覚、不安です【未婚・仕事・お金】の事を考えると悩みます

  • 妊娠、出産の流れは兄弟でも違う!妊娠・出産を3回経験しました

  • 【つわりで脱水症状】点滴を2週間に1度のペースで打っていました