1. TOP
  2. 生理痛の緩和に効果的だったのはサプリメントと布ナプキンでした

生理痛の緩和に効果的だったのはサプリメントと布ナプキンでした

生理不順(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 138 Views

もともと生理不順ではなかったのですが、高校生くらいから生理痛に悩まされてました。生理中は、少しの腹痛と、ダラダラと出血が続くような感じでした。

ストレスを抱えると生理痛を起こしやすいと、よく聞きますが、私の場合は、特になにかストレスを感じていたわけではありません。

ただ、高校生になりバイトも始めたこともあり、生活は不規則になり、お腹が空くと、よく外で食べ物を買って食べていました。

不規則な食生活、ファーストフード店でバイトを始めて10キロ体重が増える

そんな不規則な生活をしていて、食生活も乱れていたので、体重も高校生になった途端、急激に増えました。

ファーストフード店でバイトしていましたから、当時は廃棄処分されるような残りものをバイト終わりに食べていました。

特に私は、スポーツもしていなかったため、バイトを始めて体重は10キロくらい増えていました。体重が増えるにつれて生理痛はどんどんきつくなっていきました。

私は、偏頭痛持ちだった事もあり、生理痛もひどいので、いつも鎮痛剤を持ち歩いている生活を送っていました。

毎月、生理の1日目は少しだけお腹や頭が痛くて、2日目は動くのも辛いくらい痛かったです。そして、生理の3日目から徐々に痛みが引いていくような感じでした。

高校を卒業して、就職してからはもっと生活が不規則になり、タバコも吸い、お酒も飲むような生活を送っていました。

私は美容師として働いていたので、朝は早くから出勤し、夜はカットの練習をして、帰ってご飯を食べて寝るような不規則な生活でした。

でも、若いという事もあり、体力があったので、朝まで飲んで仕事をすることもしばしばありました。今思えば、生理痛は学生時代に比べるともっとひどくなっていました。

毎月、生理が始まる数日前に偏頭痛があり、そして生理が始まると生理痛があり、生理が来る前はホルモンバランスがおかしくなっていたので辛かったです。

また、生理前と生理中は、鎮痛剤はつねに持ち歩いていました。

どんなに体調が悪くても「仕事を休むということは悪いこと」だと上司に言われていたのと、仕事は休んではいけないという責任感がどうしても優先してしまい、どんなに痛みが辛くても薬を飲んで、しのいでいた感じでした。

生理中は立っているのも辛い・痛い、鎮痛剤の効き目が出ず追加して服用

しかし、薬を服用してても、生理が始まると立ってはいられないような痛みが襲ってきて、薬は1時間で効き目が現れなければ追加で飲んでいました。

日によっては、鎮痛剤がまったく効かない日もありました。美容師の仕事を始めてからは大変な事や辛い事も多く、ものすごいストレスを抱え込んでいたんだと思います。

美容師になって6年間、同じ店で働いていましたが、不規則な生活やストレスから解放されたくて転職をしました。

転職した事でストレスが軽減され、生理痛はありましたが、美容師として働いていたときほどは無くなりました。

ストレスが軽減したおかげなのか、不思議と偏頭痛の回数が減りました。その後、自分の夢だった海外留学、旅行、仕事と思い描いていたことを実現しました。

ストレスを抱え込む生活から抜け出した開放感から、初めて自分がストレスにがんじがらめにされていたんだと実感しました。狭い組織の中から出た事で初めてストレスフリーになりました。

生理痛や職場でのストレスを経験をして分かったことがあります。それは、私の血液が汚れているということでした。

改めて、自分の身体の事や生理痛の事を考え調べるうちに、体内デトックスとは何かということをいろいろ知ることができました。

今まで何も気にしないで添加物の入った食べ物を食べていたり、化学物質にまみれた日用品がどれだけ私たちの血を汚しているのかを知り、そんな生活の中で、身体は悲鳴をあげていたんだなと思うと怖くなり驚きました。

海外へ行った時に感じたのですが、日本では自己治癒力に対しての意識付けがされていないと思っています。

よくテレビCMで紹介される鎮痛剤の服用は痛みの緩和はしてくれるけど、結局、完全に治る事はないですし、どうしても対処療法的なものが世間に広く知られていると思います。

もちろん、お薬の服用で症状をやわらげることができるのは助かります。しかし、それよりも大事なことは、健康的な生活をして、症状の原因となる部分を取り除くために体質改善をすることだと思います。

生理痛の改善に効果的だったのはサプリメントと布ナプキンでした

例えば、血をキレイにして体質を改善することはとても時間がかかって難しいことです。でも、私は色々とやってみました。

私が体質改善に1番効果があったのはサプリメントを摂ることでした。しかし、ひとくちにサプリメントと言っても国によって規制が違いますし、配合されているものも違います。

また、メーカーによって、吸収率が違うもの(製品力が違うもの)です。つまりは、「サプリ選びは難しい」ということです。

ですから、自分にあったサプリにたどり着くには、いろいろと調べて、試す必要があったので大変でした。

そんな中、わたしが偶然、出会ったサプリメントのひとつにNEWAYS社のものがあって、そのサプリメントを3ヶ月飲み続けてみると、肌荒れ、生理痛、偏頭痛が改善してきました。

こうやってサプリメントの効果を実感してからは、健康ということにもっと興味が出てきました。

サプリの他にも、食べ物や日用品、生活習慣の見直しをしたところ、今現在、生理前や生理中の不調は無くなりました。他にもに生理痛の改善に効果的だったものに、布ナプキンがあります。

使い捨てのナプキンは衛生的なところが良い面なのですが、布ナプキンの存在を知って、愛用するようになってから、

今まで使っていた使い捨てのナプキンやタンポンが、何から作られているか、なぜ白いのか、などいろいろ疑問視するようになりました。

それから自分でネットなどで色々、調べていくうちに、紙ナプキンは漂白された綿状パルプ、高分子吸収材、ポリマーなどの吸収促進剤など使われている事が分かりました。

そして、その紙ナプキンの素材は皮膚から血液に入り、悪いものは出て行くことができないそうです。

体質改善は漢方?サプリメント?自分に合っている物を見つける事が大事

実際、漢方やサプリメントで体質改善をしたら、子供ができたということを耳にしたことがあります。

そして、女性はホルモンバランスが崩れると、身体や心などあらゆるところに影響する事も分かり不妊の原因もその1一つだという事も知りました。

しかし、漢方もサプリメントも人によって合う合わないがあるし、摂取するかしないかは、自己判断だと思いました。

今はインターネットでいろいろ知ることができる時代です。私は、自分のいいなと思ったことはいろいろやってみることにしています。

自分の身体は自分でしか守れません。そして、今の時代、便利になりすぎてしまっているからこそ、大事なものは何なのか?ということを自分で見極めないといけない時代だと私は思っています。

生理不順についてのアドバイスと通院について

生理不順をそのままにしてしまっている後輩女子に、アドバイスをお願いします

まずは、婦人科に行って先生に相談する事をおすすめします。あとは、食生活の見直しや布ナプキンに変えてみたりするのもいいかもしれませんね。

婦人科に行くことに抵抗はありましたか?

婦人科に行くことは抵抗ありませんでした。生理前や生理中の悩みが少しでも改善されたので行って良かったです。

(35歳、埼玉県川越市、通院はしていない)さんの「生理不順」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 生理痛に効くのは薬だけじゃない、シャンプーを変えて生理痛が改善

  • 生理・PMSの悩みや不調、漢方では効果なくてピルで治療中

  • 生理が来る事の大切さを娘たちにも知って欲しい!不順を放置しないで!

  • ピルの服用で生理不順の治療中【妊娠したいけど中止するのも怖い】

  • 生理痛の悪化で寝込んでしまうことも。原因は糖分や肉、カフェイン?

  • 生理不順の原因は大豆の摂取不足?サプリと蒸し大豆で改善されました