1. TOP
  2. 出産予定日を5日過ぎる!突然の破水から3時間後に出産しました

出産予定日を5日過ぎる!突然の破水から3時間後に出産しました

 2016/08/29 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 229 Views

結婚して2年が過ぎ、そろそろ子供がほしいなと思っていました。なので、「妊娠しているかも?」と気になった時はすぐに検査薬で調べていました。

おそらく、妊娠するまでに2~3回は検査薬を使った記憶があります。

妊娠初期のつわりで、体力が落ちていき会社も退職、買い物もいけない

検査薬で妊娠が分かって、産院を受診しましたが、まだまだ自覚できるような、つわりの兆候もなく、かなり早い段階での受診となりました。

なので、妊娠が確定したのが数日後の産院での検診で、確か11月の初めでした。

その年の年末に初めての海外旅行で年越しをする予定だったのですが、妊娠初期の大事な時期ということで、残念でしたがキャンセルしました。

妊娠が分かってしばらくは、うれしくて、うれしくて、うかれていたのですが、それから数週間後、辛いつわりが始まってしまいました。

当時、私はフルタイムで仕事をしていました。会社にも報告して就業時間も1時間ずらして頂いていたのですが、つわりが始まってからは、まず通勤のバス・電車に乗れなくなりました。

通勤途中で何度も気持ち悪くなり、途中下車しながらどうにか会社にたどり着くのですが、つわりで仕事になりませんでした。

当然、こんな状態だと昼食も取れないので体力はどんどん落ちていき、結局つわり期間中に退職することになってしまいました。

それからは家でゆっくり過ごしていたのですが、つわりで、食べれず、飲めず、で心配になり産院に行きました。

医師には「つわりってそのうち終わるから」「みんなそうだから」とあしらわれてしまいました。すごく辛かったです。

つわり期間中は、買い物に出ることも料理をすることも辛かったので、ずっと食パンをかじっていたのを覚えています。

本当に辛かったつわりでしたが、2か月ほどたったある日、嘘のようにすっきりしました。こんなにつわりってパタリとなくなるものなの?と、とても驚きましたが、すっかりと良くなりました。

妊娠中期・後期は順調!しかし、出産予定日を過ぎても生まれない

その後の妊娠中期と後期は、つわりもなくとても順調で、気分的にも余裕が出てきたので、妊婦さん向けの情報雑誌のたまごクラブを毎月買い、毎日、日記をつけて体重管理と食事に気を付けました。

この頃は、検診も増えてきて、毎回おなかの赤ちゃんを見るのがとても楽しみでした。

そんな幸せなマタニティライフを送りながら臨月を迎え、出産の予定日も近くなり、気が付くと予定日を過ぎていました。

私は、初産だし、出産予定日を1週間程度遅れるのはよくあることだと思っていました。

しかし、出産予定日の2~3日前から、父親と義理の母親からの毎日に何回も「どう?そろそろ生まれそう?」「まだなの?」「もうすぎてるよ。今日出てきそうかしら?」という電話に、本当にうんざりしていました。

そんなこと1番知りたいのは私です。初めての出産で自分でも、赤ちゃんがいつ産まれてくるのか、全然分からないのに、周りからプレッシャーをかけられて本当にイライラさせられました。本当にやめてほしかったです。

私は、予定日を過ぎてからのイライラする日々が続き、予定日を5日過ぎた夜、ベッドに入り、うとうとし始めたころ、突然、破水をしました。

陣痛がなくて、私自身でも破水なのかどうか自信がなかったのですが、産院に電話してみました。

すると、先生が、「間違いなく破水だからすぐに産院に来てください」と言われ、旦那を起こしてすぐに産院へ向かいました。

破水した3時間後に長女誕生!旦那の呑気な言動に怒りを感じる

産院に着いて診察を受けると、やはり破水していて、そのまま陣痛室へ。

私は、今から長い陣痛が始まるんだと思っていたのですが、意外にもお産の進みは驚くほど速く、家で破水してから3時間後にもう長女は生まれていました。

陣痛室に入った際に、いよいよ、これからお産が始まるんだ!と意気込んでいただけにちょっと拍子抜けしてしまいました。

でも、お産は人それぞれと耳にタコができるほど周囲から聞いていたので、お産を経験してその意味がやっと分かったような気がしました。

私のお産は本当に生まれる直前に急激に陣痛が始まった感じでしたので、心の準備も追いつかず、とにかくパニック状態でした。生まれる30分くらい前は本当に我慢できないほどの痛みでした。

そして、その陣痛室にいる間に起きた出来事なのですが、陣痛室に入ってすぐ旦那が看護師さんに「あとどれくらいで生まれそうですか?」と聞いていました。

看護師さんは「初産なので、まだまだだと思いますよ。生まれるのは、明日の朝くらいじゃないでしょうか?」と言われると、私のほうをみて、「また朝来るわ」と言って帰ってしまったのです。

私は、旦那の言動にうそでしょ?と呆れてしまいました。しかし、旦那は普通に、生まれる頃にまた来ようという感覚だったみたいです。

その後、1人で陣痛室に居るのは、ものすごく不安で旦那に怒りを感じました。

お母さんになるのが夢でした!我が子抱いて責任感や重みを感じる

でも、今になって考えてみれば、この出来事があったおかげで、この旦那に頼っても駄目だ、私がしっかりして子供を育てないとという気持ちが芽生えました。

なので、責任感が強くなった事を考えると、結果的には、よかったのだと思うことにしています。

あっという間に生まれた我が子でしたが、初めて腕に抱いた時の感動はやはり忘れられません。

私は、子供の時からお母さんになりたいと漠然と思い描いていたのでそれが、現実になったという実感から、責任感や重みを感じました。

産後の事ですが、私がお世話になった産院は母子別室でした。産む前は初産だし、産後はものすごく疲れていて体力が戻るまでに時間がかかると聞いていました。

なので別室が良いと思っていたのですが、実際産んだ後では、すぐに我が子を別室に連れていかれるのが辛くて辛くて心配で眠れませんでした。

早く退院して思う存分、我が子を抱っこしたいと思いながら過ごしていましたので、第2子のときは迷わず母子同室の産院を選びました。

やはり母子同室のほうが私には合っていたようで、入院中とても幸せな時間を過ごすことができました。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

子供を育てるのは本当に大変。いろんな情報があふれているけど、あまり影響されすぎず、赤ちゃんのペースに合わせてほんの短い大変な時間を楽しんでほしいと思う。

大変な時期を過ぎてしまうと、子供はどんどん親から離れて行ってしまうので、子供から目が離せない時期ってとても幸せな時期です。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

若ければ産みたいと思います。3人目もほしいと思っていましたが、旦那が3人目はいらないというのであきらめました。収入の面で不安があったようです。

出産一時金や、雑費・お部屋代を除いて手出しした費用について

一時金が出たとしても、育てていく中では微々たるもの。それより保育園の充実や教育費の無料化などが整備されないと子供は産めないと思います

せとうちレモンさん(40歳、横浜市在住、旦那41歳、長女12歳、次女6歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 出産時の出血が多いため母は輸血、子どもはへその緒が巻き付き吸引分娩

  • 陣痛から出産までの体験談【33時間の出産は辛かった】けどまた産みたい

  • マタニティブルーで妊娠初期は夫に不満だらけ、今では感謝しています

  • 妊娠中のつわりと便秘に苦しむも待望の妊娠に感動し感謝した体験談

  • 無痛分娩でも陣痛の痛みはあります!30時間かけた無痛分娩の体験談

  • 妊娠に気づく【きっかけは便秘】生理予定日からの168時間はイライラ