1. TOP
  2. 妊娠中の貧血で鉄剤は大丈夫?服用はせず無事に妊娠期を終えて出産

妊娠中の貧血で鉄剤は大丈夫?服用はせず無事に妊娠期を終えて出産

 2016/08/27 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 7 分で読めます。 191 Views

妊娠が分かるまでの数日間、仕事中でも体がだくて、重く感じていて、仕事が終わって帰宅してからもすぐに眠気が襲ってくるようになりました。

それで、「これっていつもと違う、普通じゃない・・・、もしかして?」と思って妊娠検査薬で調べると陽性反応が出ました。

妊娠中の食欲がとまらない、検診で貧血・低血圧と診断受けるも鉄剤を拒否

妊娠中はとにかく食欲がすごくて、、妊娠初期の段階からかなり体重が増えましたが、それでも産婦人科の先生から特に注意を受けることはありませんでした。

貧血、低血圧を先生に言われて、漢方の鉄剤を処方してもらいました。

しかし、漢方とはいえ、薬を服用することで、赤ちゃんに影響があるのでは?と不安に思い飲まずにそのままにしていました。

そして、薬を服用する代わりに食事はひじき、高野豆腐といった鉄分を多く含む食材をいろいろと心がけて食べるようにして、体調管理に気を配っていました。

しかし、次の検診日で、切迫流産と診断され1週間安静にしなければならず、仕事も休んで、ただひたすら寝る日々を送っていました。

義父の言葉で泣いたり不安になる、妊娠中はホルモンバランスが崩れる

寝たきりの安静中、旦那が仕事の合間を見て、昼食を買ってきてくれたりと、とても助かりましたし、うれしかったです。

妊娠中は休みになると赤ちゃんのオモチャや、スタイなどをミシンで作ったりして楽しみました。

普段は、旦那の家族と同居していたため、義父が顔を合わせるたびに、

「お腹が小さい、お腹が小さい、ちゃんと赤ちゃんが育っていないんじゃないか?」と不安をあおるような事ばかり言われ、よく泣いていたのを覚えています。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れて感情のコントロールができないのか?小さな事で泣いてしまったり、不安になったりしました。

出産は実家に帰っての里帰り出産だったので、産院で里帰り先の病院への紹介状をもらいました。

ずっと体重のことには触れてなかった先生に、最後の最後に「体重が増え過ぎだから気を付けないといけないよ!」と言われました。

私は、「もっと早く言ってよーー先生!」と心の中で思いました。

体重が15キロ増!予定日前日におしるしがくるも「まだよ!」と言われ帰宅

私は、実家に帰ってからはのんびりしたり、穏やかな気持ちで出産を待つ事ができました。また、母の美味しい手料理でますます体重も増える一方でした。

出産予定日が近づくに連れ、「破水に気付かなかったらどうしよう?」「陣痛に気付かなかったらどうしよう?」なんて毎日ドキドキしながら過ごしました。

学生時代からの4人の友達も出産ラッシュで、1か月前から順番に出産を終えて私が、最後のバトンを受け取り、みんなの出産の体験談を聞いたりして毎日を過ごしました。

私の妊娠後期の過ごし方は、お産前の体力作りと体重管理も兼ねて、はちきれそうなお腹をかかえながら、毎日お散歩したり、家の拭き掃除をしたりと意識的に動いてました。

しかし、気が付くと、お腹に妊娠線がくっきりついていました。後期に入り、また体重が増え過ぎていたみたいです。妊娠前の体重から合計15キロも増加しました。

出産予定日の前日におしるしがきて、いよいよお産かな?と、心配になり産院へ行くと「まだまだだよ。」と言われ帰宅しました。

お腹がチクチク・ズキズキする、陣痛に苦しみながら、いよいよお産開始

出産予定日の翌日、朝からなんだかお腹がチクチク、ズキズキ?夕方になるとだんだん痛みが強くなってきて、その間隔が短くなり、夜の10時ごろに母親に産院へ車で連れて行ってもらいました。

里帰り出産の為、旦那の立ち合いは無しです。

いつ赤ちゃんが産まれるかもわからないので、母親には一旦帰ってもらうことにしました。

個室で1人陣痛に悶え苦しんでいる時に、旦那から「大丈夫かー?」という呑気(のんき)な電話がかかってきました。電話の後ろから義母の声も聞こえてきます。

応援の電話かと思いきや、茶化しているようにしか聞こえずイライラしてブチっと切りました。

それからまた陣痛に苦しみ、壁を蹴ったり、叫んだり、「あ~もう無理ー!」と部屋中を這いずり回り、息ができなくなりそうになりました。

なので、すぐにナースコール!をしました。すると、すぐ助産師さんが飛んできてくれました。それから、すぐ、分娩室に移動し分娩台に上がりました。

助産師さんの声と陣痛の痛みに合わせていきむのですが、私は軽くパニック状態でした。

お産の呼吸法の練習をしたり、母親教室にも通ったけれど、実際のお産は、頭が真っ白になって、必死でした!

いよいよ赤ちゃんの頭が見えてきて、生まれそうになったころ、先生が分娩室に入ってきました。

ハサミ?みたいなものでチョキチョキ切り始めたと思っていたら、またチョキチョキ、切っていました。正直、先生切り過ぎじゃない?と思っていましたが、切られている痛みは全くなく、いきむのに必死でした。

可愛い男の子誕生!妊娠・出産と心配事も多かったけれど幸せいっぱい

陣痛の痛みに耐えながら、朝一番で可愛い男の子が産まれ、初めて見る我が子になぜか「おはよう」と言ったのを今でも覚えています。

出産した4時間後には母子同室の予定でしたので、それまで、しばしの睡眠をとりました。部屋に来た我が子はもうとびっきり可愛くて可愛くてたまりませんでした。

2時間ごとに母乳をあげ、飲み終わるとすぐに寝て、毎日その繰り返し。

産後2日目にやっとシャワーに入れたのですが、これがもう最高のシャワータイムでした。

お産に必死で全然気付いていなかったけれど、全身がガチガチに凝り固まっていたようで、シャワーをあびるともう最高に気持ちよく、筋肉がほぐれる感じがしました。

お産って想像以上に全身の力が必要なのかもしれません。

産院では、毎日美味しい食事が3食出て、お昼と夜のデザートまで出るんです。

お茶も、紅茶、緑茶、ノンカフェインコーヒー、ハイビスカスティー、色々選べ、ケーキがこれまた絶品で1人カフェ気分でした。

とはいえ、ゆっくり食事を楽しむ余裕はなく、子供が寝ている間にシャワータイムの順番がきたり、診察に行ったりしていました。

産後は傷口が痛くて、イボぢになり、排便するのが怖かったです。今となれば全然余裕です。

長かったようで短かったマタニティライフ、色々と心配事も多かったですが、我が子を抱いた瞬間の幸せは忘れることはありません。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

妊娠中は何かとナーバスになりやすいと思います。でもそれは皆さん同じだと思います。だからめそめそしてもいいし、心配になっちゃったりしてもいいと思います。

もしかすると人生で1度の経験になるかもしれないので、自分が1番すごいしやすいように、自分がこうしたいと思った通りに楽しくマタニティライフを過ごすといいです。あと、無理は禁物です。

妊娠・出産を経験して、また子供を産みたいという気持ちになりましたか?

出産後すぐにはまた子供を産みたいとは正直思いませんでした。1番は出産時より陣痛の痛みが自分の想像を遥かに超える痛みだったからです。

子供を育てていく中で、初めの2か月は本当に眠らない子で、毎晩ずっと泣いていました。

本当に育児ノイローゼになるんじゃないかな?っていうくらいに体力も精神的にもまいってた時期もあり、子供は1人でいいかなって思っていました。

ただ子供の成長は早く、腹ばいができるようになり、お座り、はいはい、あんよ、もうどの時期をとってもやはり可愛いです。思い返せば最初の2か月は本当に必死でした。ですが、ほんの一瞬です。

今現在息子は1歳と9か月になります。やんちゃになってきて、おしゃべりもますます上手になり、いろいろな事を自分でできるようになり、自分でしたいという意思表示もできるようになりました。

「ママ、ママ~」ととてもなついてくれ、本当にこれ以上なにがある?っていうくらいに可愛いです。

でも可愛いだけではなく、親としての義務や、しつけもあります。

色々と大変だけど、全部ひっくるめて、またぜひ妊娠、出産を経験したいです。マタニティライフは唯一旦那が優しく接してくれる素敵な時間でもありますからね。

りゅうママさん(33歳、太宰府市、旦那30歳、子供1歳9か月)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 妊娠中はおやつを手作り【食事制限できたのは家族の理解と協力のお陰】

  • 【前置胎盤で出血し入院】赤ちゃんが無事に産まれてくることは奇跡です

  • 【生理が来てほしい】漢方や冷え対策をして自分の体と向き合ってます

  • 初産でスピード安産!でも妊娠中は痔に悩み切迫早産の不安がありました

  • 【陣痛と便意を勘違い】体調不良の旦那は音信不通で私1人不安の出産

  • 【高位破水で入院】陣痛始まりから3日、促進剤の12時間後に出産