1. TOP
  2. 初産で出産時間は1時間半!出産予定日より3日早く、母の対応に感謝

初産で出産時間は1時間半!出産予定日より3日早く、母の対応に感謝

 2016/08/15 妊娠・出産(体験談)
この記事は約 5 分で読めます。 232 Views

私は夫の転勤で千葉県に住んでいました。しかし、産前産後の3カ月間は実家で過ごそうと思い、妊娠10カ月に入ってすぐ青森県の実家に里帰りしていました。

出産予定日まで残り3日、お腹の痛みを感じて病院へ行きました【陣痛?】

検診のたびに体重の増加を指摘されていたので、実家に帰ってからは毎日1時間のウォーキングを目標にしながらも、ゆったりと時を過ごしていました。

病院からは「いつ産まれても大丈夫」と言われていたので、かえって運動した方が安産につながると思い、積極的に軽い運動をしていました。

出産予定日まで残り3日となった朝4時半の事でした。お腹にチクっと軽い痛みを感じました。

数日前に検診に行った時、「初産だから出産予定日より多少遅れるでしょう。」と医師に言われていた私はまさか陣痛ではないだろうと思いました。

でもお腹のチクリとした痛みは数時間おきに、不定期に訪れたので、「もしかして陣痛かもしれない」と一瞬思いました。

ただ強い痛みではありませんでした。陣痛ではなく何らかのトラブルが起きているのではないかと不安になったので母に相談すると、「一応病院に行こう。」と言われました。

すぐ病院に問い合わせると「不安なら一応来てください。」と返答されたので、父に車で病院に連れて行ってもらいました。

台風の中、母の希望で入院。夕方に強い陣痛が来て1時間半で出産!

うちの実家は病院まで車で1時間かかる田舎にあります。もし強い陣痛がきたらすぐ病院に行く事ができないので、早めに行った方が良いと思いました。

実家から病院まで移動する間、痛みは1度もありませんでした。

病院の先生に診てもらうと、「初産だし、今日産まれる事はないから、家に帰っても大丈夫ですよ。」と言われました。

なので一度家に帰ろうと思いましたが、母が「なんだか不安だわ。家も遠いし今日は台風だから、できれば入院させてもらえないかしら。」と医者に言いました。

私は「先生がまだだと言うのだから家に帰ろうよ。」と言いました。医者も「不安なら今日1日だけ入院してもかまいませんよ。でも産まれなかったら明日は帰って下さいね。

今日産まれる事はないと思いますけど。」と少し呆れたように言いました。私は申し訳なく思いましたが1日だけ入院させてもらう事にしました。

その日は数年に1度と言われる大きな台風が上陸していて、天気が大荒れしていたのです。そんな中、母はどうしても私を家に連れて帰るのが不安なようでした。

入院の手続きは昼過ぎに終わり、看護師さんの説明を受けたりして慌ただしく過ごしていました。

テレビを見ながらゆっくり過ごしていましたが、不定期にお腹の痛みが軽くありました。しかし、少しずつお腹の痛みが強くなり、感覚も短くなってきました。

お腹が痛すぎて仰向けになる事もできず、ベッドの上であまりの痛みにうずくまって動けなくなっていました。

16時頃、たまたま様子を見に来た看護師さんが、うずくまって苦しむ私を見て「どうしました?」と慌てて声を掛けてきました。

私はやっとの思いで声を振り絞り、「こんなに痛くても陣痛じゃないんですか?」と言うと、「ちょっと待ってて下さい。」言いながら医師を呼びに行きました。

病室に来た医師は私を見るなり、「産まれますね。」と言いました。私は車いすに載せられて分娩室に移動しました。

その時は自分で車いすに乗る事もできず、看護師さんに抱えられながらでないと動けないほどの痛みに襲われていました。

やっとの事で分娩台に乗りましたが、私は痛みで「キャー!」などと叫びながら暴れていました。看護師さんたちが「落ち着いて。」などと言っても耳に入りません。

そして17時半に無事出産しました。

私は初産だと中々産まれないと聞いていたので、出産にかかった時間がたったの1時間半だったのが信じられませんでした。

看護師さんに「もう終わりですか?」と聞くと、笑いながら「終わりましたよ。」と答えてくれました。

母や夫に産まれた事を報告すると、あまりの早さに言葉を失っていました。母は「産まれる予感がしたのよ。とにかく無事で良かった。おめでとう。」と喜んでいました。

医者の経験より母の勘。あの時家に戻っていたらと思うとゾッとします

私は長年の経験がある医者よりも、母の勘の方があてになると思いました。もしも母があの時医者に「入院させてほしい。」と言わなければ、私はどうなっていたか。

想像すると怖くて震えが止まりません。

結果は良かったけど、もしも家に帰っていたら母子ともに無事でいられた補償はありません。私は母に心から感謝しています。

しばらくすると医師が私の元に来て、

「ごめんね。車の中で産ませるところだったね。だってまさか初産でこんなにも早く産まれるなんて思わないもの。長く医者やってるけど、初めての経験よ。」と言いながら、申し訳なさそうに何度も謝っていました。

多少医者にムッとした気持ちもありましたが、私は台風で嵐の外を見ながら、とにかく無事出産が終わったことにホッとしていました。

翌日、千葉に居るはずの夫が突然病室に現れ、産まれたばかりの小さな我が子を抱きながら「無事に産まれて良かった。」と涙を流して言いました。

妊娠・出産についてのメッセージと費用について

妊娠・出産を控えている方へのメッセージ

自分と親の勘を信じる事が大事だと思います。

確かに経験豊富な医者や看護師さんの話も一理あるとは思いますが、自分の体を一番良く知っているのは自分だし、一番考えてくれているのは親です。だから親の話はきちんと聞くべきです。

出産一時金や、雑費・お部屋代を除いて手出しした費用について

夜間の費用の他、子供が新生児黄疸になり3日間NICUに入院したので、その分の費用がかかりました。

はっちゃんさん(40歳、青森県青森市、旦那38歳、息子8歳、娘7歳)の「妊娠・出産」体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • パセドウ病の私が妊娠、母の死という最大の悲しみを乗り越えて出産

  • 結婚から3年目で妊娠!【無痛分娩を希望したけど激痛の中で出産】

  • 出産予定日が過ぎて、促進剤で陣痛を促し1時間で2人目出産しました

  • 無痛分娩でも陣痛の痛みはあります!30時間かけた無痛分娩の体験談

  • 出産時の出血が多いため母は輸血、子どもはへその緒が巻き付き吸引分娩

  • 双子の妊娠で管理入院!安静にして点滴を24時間しながら成長を見守る