1. TOP
  2. 多嚢胞性卵巣症候群の症状で痛み、これって不妊?原因と治療法は?

多嚢胞性卵巣症候群の症状で痛み、これって不妊?原因と治療法は?

 2016/07/22 妊活の基礎知識
この記事は約 13 分で読めます。 11,231 Views

多嚢胞性卵巣症候群が原因で生理不順や生理痛が酷くなると、下腹部痛を伴うこともあります。

生理痛が重い、生理不順をどうにかしたいと思って病院へ行くと、ただの生理トラブルではなく多嚢胞性卵巣が見つかったという女性も多いのです。

そして多嚢胞性卵巣症候群は、排卵障害と言われる原因のひとつです。排卵障害とは、不妊になる原因とも考えられています。

排卵障害になると卵胞が正常に育たなかったり、たとえ育ったとしても上手に排卵できなかったりして、不妊につながるケースがあるのです。

排卵障害には次の6つの原因があげられます。

1 中枢性の排卵障害

2 卵巣機能低下

3 多嚢胞性卵巣症候群

4 黄体機能不全

5 黄体化未破裂卵胞

6 高プロラクチン血症

これらの排卵障害のうち、20~40%の人が多嚢胞性卵巣症候群だと言われていて、ニコトレで不妊の体験談を募集していますが、多嚢胞性卵巣症候群で悩んでいる方は本当に多くいます。

そこで、今回は「多嚢胞性卵巣症候群って不妊なの?」「妊娠できるの?」「どんな治療をするの?」「治すことはできるの?」といった疑問についての答えをまとめました。

【参考】多嚢胞性卵巣症候群によい妊活サプリと評判の「ベジママ」

多嚢胞性卵巣症候群を改善する可能性があるピニトールが入ったサプリは、日本では「ベジママ」だけす。そんなベジママを実際に買ってみました!

→ ベジママを実際に買ってみました!口コミはこちら

 

多嚢胞性卵巣症候群って不妊なの?妊娠できないの?

多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣を刺激するホルモンバランスが悪くなって、月経異常を起こしたりする病態です。多嚢胞性卵巣症候群の女性の内、約90%の人に排卵障害があると言われていています。

また、多嚢胞性卵巣症候群は妊娠適齢期の女性のうち、およそ5%に発症すると言われていて、実際にニコトレでも沢山の体験談が集まっています。

その体験談からも分かるのですが、多嚢胞性卵巣症候群だからといって、「不妊症だ!」とか、「妊娠できない!」と決めつけることはできません。

妊娠できていない人の体験談

26歳で結婚し、医師から「早めに妊活を」そうと言われてはいたものの、まだ若いし、すぐ妊娠できるだろうと甘く見ていました。しかし何か月た経っても妊娠はしませんでした・・・。

不妊治療で外来に通い始めてもうすぐ2年が経ちますが、いまだ一度も妊娠できていません。

 

「生理不順で妊娠できる?多嚢胞性卵巣症候群で不妊治療2年目に」体験談

ニコトレ:http://nctre.jp/4112/



妊娠ができた人の体験談

薬や人工授精の効果が無いと分かると、卵巣に小さい穴を何個か空けて排卵しやすくするという、腹腔鏡手術にステップアップすることになりました。その効果はとても早く、手術をした月には念願だった子供を授かる事が出来ました。

 

「多嚢胞性卵巣症候群で月経不順でも、腹腔鏡手術で妊娠できました」体験談

ニコトレ:http://nctre.jp/4109/

多嚢胞性卵巣症候群と診断されてから、ずっと治療を続けている人もいますが、その一方で、適切な治療を行う事ですぐに妊娠できた人もいます。

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵を調整することさえできれば自然妊娠も簡単とされているのですが、上に引用した妊娠ができた人の体験談にあるように外科手術が必要になることもあります。手術を避けたいという場合には体外受精を選択する人も多いです。

以上のことから、多嚢胞性卵巣症候群だからとって「不妊症で赤ちゃんが絶対出来ない!」というわけではありませんから、安心してください。

【参考】多嚢胞性卵巣症候群によい妊活サプリと評判の「ベジママ」

多嚢胞性卵巣症候群を改善する可能性があるピニトールが入ったサプリは、日本では「ベジママ」だけす。そんなベジママを実際に買ってみました!

→ ベジママを実際に買ってみました!口コミはこちら

 

多嚢胞性卵巣症候群とは?

卵巣に小さな卵胞がたくさんある状態

多嚢胞性卵巣症候群

出典:木下産婦人科

多嚢胞性卵巣とは、卵巣の中に2~9mmの小さな卵胞がたくさんある状態です。卵巣の皮が硬くて厚くなり、排卵が起こりにくくなる病態です。病気ではなく、病的な状態としてとらえるのが的確です。

小さな卵胞は片側の卵巣に10個以上あり、超音波診断をすると、卵胞が真珠のネックレスのように繋がって見えることから、ネックレスサインと呼ばれています。

多嚢胞性卵巣症候群の診断と検査方法

超音波検査で多嚢胞性卵巣が確認されても、それだけでは多嚢胞性卵巣症候群とは診断されません。下に示している超音波検査の他に、ホルモン値の測定もしていきます。

超音波検査

多嚢胞性卵巣症候群は超音波検査に基づき、その他の診断をしていきます。まれに、腹腔鏡下手術により、卵巣のごく一部をとって、顕微鏡検査をすることもあります。

ホルモン値の測定

ホルモン値の測定では、男性ホルモンの値が高くなっているか、またはLHの基礎値が高くて、FSHの基礎値が正常であるということが多嚢胞性卵巣の判断基準になります。

LH= 黄体形成ホルモン

(妊娠を助けるホルモン。受精卵が着床しやすいように、子宮内膜の状態を整える)
FSH= 卵巣刺激ホルモン

(卵巣を刺激して、卵胞を育てる働きをするホルモン)

 

多嚢胞性卵巣症候群における4つの症状

多嚢胞性卵巣が超音波検査で確認されたら、ホルモン値測定の他に、体重測定やBMIの計算、皮膚の状態を観察して診断をされます。

以下のような4つの症状は、多嚢胞性卵巣症候群の特徴です。

月経異常の内、次のいずれかがある

・稀発月経 44% (月経が月に2回きたりすること)
・無月経 35% (月経そのものが無いこと)
・無排卵周期症 17% (月経のように出血はあるが、排卵をしていないこと)

男性ホルモンの増加

・多毛

・低音声

・にきびなど

肥満

欧米では太った人に多く、肥満と関連しているとされていますが、日本人には痩せ型ですらっとした人が多い特徴もあります。

多嚢胞性卵巣症候群は、メタボリックシンドロームのハイリスク群とも考えられており、多嚢胞性卵巣症候群になった人の15%は、閉経後に糖尿病を発症するとされています。糖尿病に関連すると考えられていることから、インシュリン抵抗性の検査を行うこともあります。

不妊

排卵が生じないことによって不妊になることがあります。

多嚢胞性卵巣症候群の原因は?

多嚢胞性卵巣症候群になる原因は、はっきりと分かっていません。現在のところは「内分泌異常」、または「糖代謝の異常」と考えられています。

内分泌異常

脳の下垂体(内分泌腺)から分泌される、卵巣を刺激するホルモンのバランスが悪いために、卵胞がうまく発育できず、排卵が起こりにくいとされています。

糖代謝異常

多嚢胞性卵巣は、インシュリンと関連していると思われています。インシュリンの量が増加することで、男性ホルモンも増加すると考えられていて、男性ホルモンの増加により月経不順や多毛になります。


多嚢胞性卵巣卵巣症候群の治療法は?

治療方法

妊娠を希望しているかどうかで、治療方法が変わってきます。肥満がある人の場合、まずは減量に努めていきます。体重を約7%落とすと、排卵率と妊娠率が改善すると言われています。

①妊娠を希望する場合

1 クロミッドなど経口排卵誘発剤の使用

量などを調整し排卵が起きるのを待ちます。排卵が起きればタイミング指導へ。

suteppu

2 注射での排卵誘発

各種の経口薬で排卵が起こらなかった場合、注射で排卵誘発をします。

ステップ2

3 腹腔鏡手術

電気メスやレーザーを使用した手術。時間は30分程度です。

卵巣に穴を開け自然に排卵をさせるため、自然妊娠に期待ができます。ただし、効果があっても一生は続きません。少しずつ排卵しにくくなります。

suteppu

4 体外受精

どうしても排卵を起こすことができず、妊娠ができない場合に体外受精へステップアップします。しかし、外科手術を避けたい人が、体外受精を選択をすることも多いです。

②妊娠を希望しない場合

カウフマン療法やホルモン療法、低容量ピルなどを使用し、生理周期やホルモンバランスを整える

多嚢胞性卵巣症候群により月経不順のままでいると、子宮体がんのリスクが高くなると言われています。

長いあいだエストロゲンだけが分泌され、排卵が起こらないと、プロゲステロンが分泌されません。

プロゲステロン=排卵後の子宮内膜を、妊娠を待つ状態へ変化させるホルモン。妊娠が成立しなかったら、分厚くなった子宮内膜は剥がれ落ちて出血する。

 

↓これがうまく働かないと・・・

 

エストロゲンだけ刺激されると、子宮内膜が増殖し、

子宮体がんになりやすくなる。

多嚢胞性卵巣症候群は完治するの?

多嚢胞性卵巣症候群は完治しません。それは治るかどうかといったものではなく、体質だからです。症状が重い人もいれば、軽い人もいます。でも、心配しないでください。妊娠を希望すれば、妊娠をしやすくなるように治療ができます。

ニコトレにも、病院で「体質」だと言われた女性の体験談があります。

ついに私も産婦人科デビューしました。まずは、生理を起こさせるところからのスタートでした。産婦人科では、多嚢胞性卵巣症候群ということが発覚しました。

先生からは「排卵しにくい体質」だと言われ、へこみました。先生は、「でもこれは体質だから」と言っていました。 

「化学流産後の妊娠確率を上げる子作り生活とは?焦らず妊活したい」体験談

ニコトレ:http://nctre.jp/4781/

 

また、次のブログの筆者ように、体質を変えるために、病院での治療以外では「食事に気を使う」人が多いようです。

多嚢胞性卵巣症候群といえば、

インスリン抵抗性が関与してるそうです。

~中略~

⚫ジュース・お菓子やスイーツ極力食べない。食べる時は食後に。

→無性にスイーツ食べたくなる時ありますよね~。そんな時は食後に食べると、急激に血糖値を上げるのを抑えてくれます。甘いもの大好きなんですが、「毒」だと思い込んでいます!笑

そうすると、ストレス溜めずに甘いもの辞めれますー!

 

マコさんのブログ「ブログMy Life!」

http://makomakko.blog.fc2.com/

 

女優の釈由美子さんは、生理を起こすために、ホルモンバランスを整えることから始めたようです。3食の食事のバランスを考えたり、健康的に過ごすことなど、自分で体質を改善できる方法は沢山あります。

なんとか、自力で生理を来させよう!という目標を持ち色々調べて、体質改善に励みました

まず食事の見直し。

玄米菜食の和食メインの料理を作るようにして3食バランスよく食べるようにしました

体重も自然に増えましたが 激痩せとリバウンドを繰り返していた不安定な20代とは比べものにもならないぐらい 安定した心と身体に変わっていくのを実感しました

 

釈由美子さんのブログ「本日も余裕しゃくしゃく」

http://ameblo.jp/yumiko-shaku/

 

多嚢胞性卵巣症候群は肥満や糖尿病と関係しているため、血糖値を上げないための食事を考える女性もいるようです。

ぜひ、治療だけに頼らず、食事改善や生活習慣の改善も含めたライフスタイルの見直しもしていきましょう。

【参考】多嚢胞性卵巣症候群によい妊活サプリと評判の「ベジママ」

多嚢胞性卵巣症候群を改善する可能性があるピニトールが入ったサプリは、日本では「ベジママ」だけす。そんなベジママを実際に買ってみました!

→ ベジママを実際に買ってみました!口コミはこちら

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療の体験談・副作用について

病院での治療の体験談

私は、多嚢胞という病気で、卵が中途半端にたくさん大きくなってしまい、それが原因で排卵し辛いというものでした。

クロミッドを飲み、時には卵を大きくする注射や、排卵を促す注射をしました。すると、クロミッド一周期目で、なんと妊娠できました!

 

「【妊活ブログや旦那が支え】辛い経験もプラスになる日がきっと来ます」体験談

ニコトレ:http://nctre.jp/4227/

上記の治療方法で説明したように、妊娠を希望している女性は、まずはクロミッドから治療を進めていきます。(28歳、大阪府、旦那32歳、娘0歳)さんは、経口薬だけでは排卵が起こらなかったのか、注射での排卵誘発まで進んだようです。

卵巣過剰症候群【副作用について】

上記の体験談(28歳、大阪府、旦那32歳、娘0歳)さんのように、注射での排卵誘発を行う人は珍しくありません。しかし多嚢胞性卵巣症候群の女性は、注射での排卵誘発の刺激で、次に示す体験談にあるように卵巣過剰刺激症候群になる人もいます。

私は薬の効果が過剰に出るらしく、少しの注射の量で卵胞が大きくなりすぎて、卵巣が風船のように膨らみ水が貯まってしまい、呼吸も苦しくなってしまうという危険な状態になってしまいました。

 

「多嚢胞性卵巣症候群で月経不順でも、腹腔鏡手術で妊娠できました」体験談

ニコトレ:http://nctre.jp/4109/

多嚢胞性卵巣症候群は、沢山の卵胞ができる状態です。それを排卵誘発剤で刺激することにより、卵巣が過剰に反応して腫れてしまうことで卵巣過剰刺激症候群になります。

腹水が溜まることでお腹が膨らんでしまい、下腹部がつったような痛みも伴います。

多嚢胞性卵巣卵巣症候群でも妊娠するために大事な3つのこと

1 肥満がある場合は、体重の減量

2 月経異常の改善

3 ホルモンバランスを整えるためには生活習慣を見直す

多嚢胞性卵巣症候群の治療方法でも説明したように、減量をするだけで、排卵と妊娠の確率が上がります。例え多嚢胞性卵巣症候群でなくても、肥満であれば卵巣の働きが弱くなり妊娠がしづらくなるため、太り過ぎには気をつけましょう。

そして妊娠を希望するのであれば、月経がきちんと行われていないと意味がありません。例えすぐに妊娠を希望していなくても、生理不順はしっかり治しておきましょう。そのためにも少しでも月経に異常や不安を感じたら、婦人科を受診することをおすすめします。

治療ではお薬ものチカラにも頼りますが、ホルモンバランスを整えるためには、やはり生活習慣を正すことが大事になってきます。充分な睡眠や食事をとるように心がけましょう。

生理不順と妊娠の関係についてはこの記事「生理不順だと妊娠しにくいの?生理と女性ホルモンの関係」で詳しく書いてますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

ニコトレ3行まとめ

■多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できる

■妊娠を希望していなくても治療をしておくこと

■妊娠をした後も健康的な生活をおくること

多嚢胞性卵巣症候群は病気ではありません。そのため完治ということはありませんが、妊娠をすることは可能です。

ただし、いつでも妊娠できるという訳ではありません。すぐに妊娠できる人もいれば、何年も治療を続けている人もいます。ですから、今すぐに妊娠したいわけでなくても、将来にそなえて、体質改善を心がけておくようにしましょう。

最後に、妊娠するために体質改善に気を配ることは大事ですが、妊娠をした後のことも大事です。もし、妊娠したら、お腹の中の赤ちゃんが健康に過ごせるように、食事や睡眠を整えることはもちろん、健康的な生活リズムを続けてくださいね。

参考:日本産婦人科学会生殖・内分泌委員会、2007年

参考:不妊症を治す本 (ビタミン文庫)

参考:もう悩まない! 不妊症の最新治療戦略

【参考】多嚢胞性卵巣症候群によい妊活サプリと評判の「ベジママ」

多嚢胞性卵巣症候群を改善する可能性があるピニトールが入ったサプリは、日本では「ベジママ」だけす。そんなベジママを実際に買ってみました!

→ ベジママを実際に買ってみました!口コミはこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ニコトレ編集部ひめ

ニコトレ編集部ひめ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 芸能人の不妊治療・妊活まとめ

  • ベジママの口コミ・評判【購入レポート】ピニトールが配合されたママ活サプリ

  • 多嚢胞性卵巣症候群の症状で痛み、これって不妊?原因と治療法は?

  • 子宮と卵巣18の病気やトラブル、原因と症状、治療法まとめ

関連記事

  • 子宮と卵巣18の病気やトラブル、原因と症状、治療法まとめ

  • 生理不順だと妊娠しにくいの?生理と女性ホルモンの関係

  • 卵子が老化するとどうなる?原因と症状、検査方法、改善・防止策は?

  • 二人目不妊 ブログまとめ11選【不妊で悩む方の体験談】

  • 二人目不妊 ブログまとめ11選【不妊で悩む方の体験談】

  • 二人目不妊は多いの?原因と対策、改善する治療方法は?