1. TOP
  2. 腹腔鏡手術の術後に妊娠【体外受精、妊娠中毒症、帝王切開で出産】

腹腔鏡手術の術後に妊娠【体外受精、妊娠中毒症、帝王切開で出産】

 2016/07/21 妊活成功(体験談)
この記事は約 6 分で読めます。 728 Views

2004年に32歳で職場結婚しました。

2年ほど2人の生活を楽しんだ後、年齢的にもそろそろ子供をと思い、基礎体温をつけながら子作りにトライしました。

しかし、毎月毎月生理はやってきました。高温期から低温期になった時のガックリ感は今でも覚えています。

不妊で悩む!大学病院受診で子宮内膜症と卵巣嚢腫がみつかり手術

私は、仕事がハードだったこともあり、このままでは妊娠できないと思い、仕事もやめました。しかし、1年近く経っても妊娠しなかったため、勇気を出して、旦那さんには内緒で近所の産婦人科を受診しました。

結果、排卵はきちんと来ているが、片方の卵巣が腫れていると言われました。しかも、通常の卵巣は親指ぐらいの大きさですが、こぶしぐらいの大きさになっているとのことでした。

今後、妊娠を考える上でも、きちんと調べた方がよいとのことだったので、大学病院への紹介状を書いてもらい、大学病院を受診しました。

旦那さんには、大学病院を受診するタイミングで今の私の身体の状況を話しました。病名は、子宮内膜症と卵巣嚢腫でした。卵管も閉塞している可能性があるとのことでした。

大学病院で、妊娠を希望するなら、まずは子宮内膜症と卵巣嚢腫を腹腔鏡手術にて治さなくてはいけないと言われました。

35歳の夏、腹腔鏡手術を受け、卵巣は両方とも温存することができましたが、卵管は両方とも閉塞していたため、摘出となりました。

この時点で、私は自然妊娠ができなくなりました。自然妊娠ができないとわかった時は、とても辛かったです。

不妊治療開始!体外受精に2回トライするも失敗続きで落胆する日々

不妊治療を開始するためには、まず手術によるダメージを回復する必要があるとのことでスタートは、次の年の5月(36歳)になりました。

私は卵管を摘出したので、不妊治療は体外受精か顕微授精しか道はありませんでした。5月になり、薬により卵子の誘発を行い、卵子を抽出(全部で11個)、精子との体外受精を行いました。

凍結胚にできるまで成長してくれたのは4個でした。そして、まず1個を戻し、腹部への自己注射(排卵誘発のためホルモンバランスが崩れていたため)をしながら、着床を待ちました。結果は、失敗でした。

私の中で、体外受精すれば妊娠できるのでは、という思いが勝手にあったので、落胆は大きかったです。

気を取り直して、2回目のトライ(1個戻しました)。今回は、自己注射もなかったので、1回目よりは気持ちが楽でした。でも結果は、失敗でした。

この結果を受けて、精神的にも体力的にもボロボロになりました。金銭面でも厳しくなってきていたので、もうやめよう、夫婦2人で生きていこうと思いました。

残りの受精卵に希望をもつ!無理だと思っていたら、妊娠しビックリ

でも、残っている受精卵が2個あったので、破棄したら後悔すると思い、旦那さんと相談して、もう1回だけトライすることにしました(2個戻しました)。

正直、妊娠はもう無理だとあきらめていました。でも、妊娠判定までの間は私もママだと思い、最後のプチママ生活を楽しみました。今までの中で1番リラックスしていたと思います。

そして、妊娠判定の日、先生から「体調はどうですか?」と聞かれました。妊娠していなかった時は、「妊娠反応出ていません」とすぐに言われていたので、「あれ?」と思いました。

すると、すぐに「妊娠反応出ています。」と言われました。無理だと思っていたから本当にびっくりしたし、もの凄くうれしかったです。

時期が早かったので、胎嚢は次回検診で確認となりました。次の検診で、確認できた胎嚢は3個。2個戻した授精卵のうちの1個が2個に別れていました。つまり、3つ子ということになります。

お医者様からは、私の年齢(この時37歳)と体形(小柄)を考えるとかなりのハイリスクと言われ、妊娠の喜びも吹っ飛びそうでした。

でも、次の検診で、心拍を確認できたのは双子の方だけで、もう1個の胎嚢は成長が止まっていました。

自宅に帰って、旦那さんにそれを報告すると、「私の体を気遣って、その子は身を引いてくれたのかも。」と言われました。それを聞いて、私は涙が出たのを覚えています。

双子を妊娠!ハイリスクな上、妊娠中毒症を発症し帝王切開で出産

双子になったからと言って、ハイリスクには変わりなく、お医者様からはくれぐれも無理はしないように、と念押しをされました。

実際、6カ月で切迫早産で管理入院しました。それからは、24時間張り止めの点滴生活です。

8カ月の頃、急激に体重が増え始め(1日に1kgも増える)、血圧も150を超えそうになりました。妊娠中毒症の発症です。

突然、胸を鷲掴みにされたような痛みに襲われるという発作も起こり始めました。先生からは「血圧が150超えたら、帝王切開で赤ちゃん達を取り出します。」と言われていました。

そらから、ようやくお腹の赤ちゃんが8カ月目に入り、私はお願いだから、まだお腹にいてね、毎日必死にお腹の赤ちゃん話しかけていました。

そんな中、迎えた自分の38歳の誕生日。誕生日をクリアしたとホッとしていた次の日の夜、突然破水してしまい、緊急帝王切開となりました。

私の誕生日の翌日の夜中、息子達の誕生となりました。2人の産声を聞けた時は、ホッしました。

8カ月の早産でしたので、息子達は2000gなく、そのまま抱っこすることもできないまま、NICUに入院となりました。

NICU(新生児特定集中治療室)でも色々ありましたが、1カ月ほどで2500gにまで体重が増え、何とか退院することができました。そんな息子達も今年小学校に入学。今は元気に学校に通っています。

妊活の費用とメッセージ

妊活から出産までに使った費用を教えてください

約100万円

これから妊活をはじめる、また、妊活で悩んでいる人にアドバイスをお願いします

私は病気のせいで自然妊娠ができませんでした。それに気づくまでにかなり長い時間(1年以上)をかけてしまいました。

また、病気を治すためにも時間がかかり(手術、休養含め1年程)、子供をほしいと思ってから不妊治療を開始するまでに2年以上かかってしまいました。

子供を欲しのになかなかできない方は、まず勇気を出して病院に行きましょう。産婦人科って、最初は敷居が高いですよね。

でも、理由もわからないまま毎月の生理にがっくりくる方が私的にはきつかったです。理由がわかれば、対処の仕方がわかりますから。

不妊治療も必ず成功するわけではありません。落胆することも多いです。そんな時こそ、自分をいたわってください。

私は子供をあきらめようと思いました。こんなつらいならもういいと、そして、あきらめたら気持ちが楽になりました。

もしかしたら、そんなあきらめの気持ちがリラックスに繋がり、そして、息子達の生命力と合わさってよい結果になったのかもしれません。子供も大事ですが、その前に自分を大事にしてください。

(44歳、埼玉県ふじみ野市、旦那さん45歳、息子(双子)6歳)さんの妊活成功体験談

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

二コトレ編集部

二コトレ編集部

二コトレ編集部です!編集部のスタッフたちが記事の作成・編集をしています。子育て中、妊活中、ダイエット中、女子力アップ中!色んなことを頑張ってる元気なスタッフが在籍してます^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 生理不順の原因は睡眠不足と食事!3年かけて改善できた体験談

  • 無排卵だし治療しても生理不順だったのに!規則正しい生活ですぐに妊娠

  • 生理痛を治すために努力したこと!ピルと生活改善で生理不順も治りました

  • 多嚢胞性卵巣症候群の診断を受ける!漢方や低量ピルを服用し改善

関連記事

  • 排卵誘発剤でタイミングをあわせ妊娠!子宝祈願で待ち受けは木村さん

  • 多嚢胞性卵巣症候群、流産を経験するもタイミング法で妊娠できました

  • 排卵日のタイミングで喧嘩したことも【忘れた頃に子供はやってくる】

  • パイプカットをした旦那が再生手術に成功したおかげで妊娠できました

  • 甲状腺機能亢進症の私でも妊娠できたのは食・生活環境の変化があったから

  • 排卵誘発剤のクロミッドで効果あり?【2人目はタイミング法で妊娠】