1. TOP
  2. 【妊活・子育て取材vol.2】中村りほさん(看護師さん)節約・時短術

【妊活・子育て取材vol.2】中村りほさん(看護師さん)節約・時短術

 2016/06/21 取材
この記事は約 17 分で読めます。 497 Views

今年で結婚9年目を迎える中村りほさんは8歳の娘さんと5歳の息子さんと10ヶ月の娘さんの3児のママさんです。

彼女のお仕事は看護師さん!今は、いったんお仕事をお休みしていますが、専業主婦として自衛官の旦那様のサポートをしつつ、日々の生活を楽しみながら子育てをしています。

今回、ニコトレが彼女に取材をお願いしたのは、看護師としての知識の豊富さと先輩ママさんとしての経験の多さが、妊活や子育てで悩んでいる女性に元気を与えてくれると思ったからです。

インタビューの中では、彼女ならではの経験(3人とも帝王切開)もあって、女性として、ママさんとして、時には悩みながら、そして楽しみながら充実した日々を送っていることが分かる内容となっております。

インタビューでヒアリングした主な項目は以下のとおりです。ぜひ、先輩ママりほさんの体験談を参考にしてください。

・妊活について
・妊娠について
・出産について
・子育てについて
・夫婦関係について
・節約・時短について

(募集中)ニコトレでは取材を受けてくれる方を募集しています! → 詳しくはこちら

妊活について

DSC01266 (1)

【Q-1:ニコトレ】妊活はしましたか?

【A-1:りほさん】私は、1人目の時は自然妊娠でした。でき婚だったので。なので自分が妊娠できる体質だと分かっていました。

2人目が欲しいなと思ったちょうどその頃(5~6年前)に「2人目不妊」という言葉をよく耳にするようになりました。そして、周りの人達から「早く2人目を作った方が良いよ」って言われるようになってきて、でも妊活しようというよりも漠然と2人目が欲しいなって思っていたくらいでした。

旦那さんは自衛官で1週間は家にいなくて不在ということが多いので、なかなかタイミングも合わずで、自然に妊娠できればと思っている旦那さんと、2人目が欲しいと思う私との気持ちには温度差がありました。

そして、3人目が欲しいなと思った時に「妊活」という言葉をよく耳にするようになって、3人目の時は妊活しましたよ!もう、かなりガッツリ妊活!(笑)

3人目のお子さんの妊活について

DSC01299

【Q-2:ニコトレ】3人目のお子さんの時の妊活話を聞かせて下さい。

【A-2:りほさん】30歳で3人目を授かる前に生理不順になって、不正出血もありました。それで、いつ排卵してるかも分からなかったので、まずは、自分の基盤である身体を見直そうと思って基礎体温をつけ始めました。自分の月経周期を把握する為にですね。

私は基礎体温のグラフの見方も分かるので、ここが排卵だなと思って、あと、私は排卵痛があるんですよね。なので、痛くなってくると排卵してるなーと何となく分かったりしていました。排卵日は排卵痛の前後ですね。

基礎体温をつけ始めた1ヶ月目はまだ慣れてなくて、なかなか安定せずにギザギザしたグラフになる人が多いんですけど、2~4ヶ月になると綺麗な安定したグラフになってきます。私の場合は基礎体温を見て、あっ!ここが高温期だあっ!排卵しているって分かったので妊娠できるって自分なりに評価してました。

あと、サプリメンとして摂取していたのが葉酸ですね。私は3人目を妊娠する半年前から飲んでいました。お守りみたいな感じですね。まず自分でできる妊活をやっていましたね。

看護学校で「葉酸!葉酸!葉酸は大事!」だと、ずっと言われていたのもあって、あと国家試験にも必ず葉酸の言葉が出てくるので葉酸を摂取する事は1番大事なんです!

【補足説明とアドバイス】
※看護師りほさんから葉酸の正しい摂取の仕方について

shutterstock_20355118

・葉酸は妊娠してからではなくて妊娠前、妊活を意識した時から摂取して下さい。
・ママが葉酸を十分に摂取できてないと産まれてくる子に無脊椎や神経障害のリスクが出る場合があります。
・「私、妊娠した!」と分かる時期は、妊娠2ヶ月に入っている頃です。その頃にはすでに胎児の細胞分裂が始まっています。胎児の脊椎などができるのが妊娠初期なので、早めに葉酸をとっておくことが大事なんですよね。
・葉酸を食事だけで摂取するのは難しいです。ほうれん草や小松菜やひじきに入っていますがとても微量です。毎日決まった量を取るためにもサプリで補充するのが良いです。
・産婦人科で葉酸サプリをお試しにもらえます。でも先生は「絶対に飲みなさい!」とは言いません。ただ、「妊婦さんに必要なものとして葉酸があるよ。」とオススメされるだけです。しかし、葉酸摂取は大事です。葉酸の必要性を知らない妊婦さんもいると思うので、葉酸摂取の大事さを知ってほしいですね。

化学流産について 

shutterstock_253719508

【Q-3:ニコトレ】妊活している人で妊活中に化学流産を経験したというお話をよく耳にするのですがどう思いますか?

【A-3:りほさん】化学流産って流産としてカウントされないんですけど辛くて悲しいんですよね。私も2人目を授かる前に1回と、3人目を授かる前に1回経験しました。検査薬で陽性反応が出たのに生理みたいに出血してしまって・・・。ショックでした。

妊活中の相談相手は? 

【Q-4:ニコトレ】妊活中は誰かに相談しましたか?

【A-4:りほさん】妊活相談は、旦那さんや、個人病院で働いていたので職場の看護師さん達に「私、妊活してますよ!」って言える環境の個人病院だったので良かったんですよ。これが大きい病院だったりすると部屋持ちがあるので「妊活中です!」なんて言えない!言えない!(苦笑)

排卵日の伝え方について 

DSC00933

【Q-5:ニコトレ】妊活中の女性が「今日が排卵日だよ」って旦那さんに言いたいのに言えないって悩んでいる人が多いのですが旦那さんに排卵日の事をどうやって伝えたらいいのかアドバイスをお願いします。

【A-5:りほさん】やっぱり、そこは難しいですよね~。同じ時期に旦那さんと子供を欲しいと思わないと妊活は難しいと思います。

特に新婚さんだったり1人目妊活だと余計に言いにくいだろうし、私の場合は3人目の妊活をしていた当時は、結婚8年目で何でも言い合える関係だったので、朝から「今日は排卵日なのでよろしく!」って言ってましたね(笑)。

言いやすい言いにくい状況もあるだろうけれど旦那さんあっての妊活なので、そこは勇気ををもってというか、きちんと伝えた方がいいと思いますよ。

夫婦での不妊検査について 

DSC01287

【Q-6:ニコトレ】最近、テレビや雑誌、産婦人科でも夫婦で不妊検査いきましょうっていう呼び掛けがあっているんですけど、女性は夫婦で不妊検査を望んでも旦那さんは検査に行ってくれないし誘いにくいという意見があるんですけど、りほさんは夫婦で不妊検査ってどう思いますか?

【A-6:りほさん】そうですね~。夫婦で検査は必要だけど、男の人って不妊の原因は自分じゃないって思っていますもんね。あと産婦人科って男の人は抵抗ありますよね。

妊娠しても継続したこと

IMG_4157

【Q-7:ニコトレ】妊娠しても妊活中に試していた事はそのまま継続していましたか?

【A-7:りほさん】妊活中から飲んでいた葉酸も出産するまで飲んでいましたよ。妊娠初期の頃はつわりがひどくて、葉酸を飲むのが辛かったです。つわりで麦茶も飲む事もできなかったので・・・つわり中はゴックンってする事も辛いんですよね。

葉酸1錠飲む事も、どんどん辛くなってきて葉酸飲むの辞めようかなと思ったんですけど、健康な子供を産んであげたいという気持ちが強かったので、この1錠を怠ったらいけないと自分に言い聞かせてました。葉酸は私にとって健康な赤ちゃんを産む為のお守りだったんですよ。

あと麦茶がダメだったのでルイボスティーに変えてみたり、あとは黒豆茶、アサイーのざくろの粉末を溶かして飲んでいました。今では子供達もルイボスティーや黒豆茶を飲むようになって家族みんなで、はまって飲んでいますよ。健康にも良いですし美味しいのでオススメですよ。

妊娠中に嬉しかったこと 

shutterstock_274692722

【Q-8:ニコトレ】妊娠中に嬉しかった出来事を教えて下さい。

【A-8:りほさん】3人目妊娠中も、まだお仕事してたので、つわりがきつくて、なかなか起き上がれない時は、旦那さんが小さいおにぎりを握ってくれていました。あと無言で荷物を持ってくれたりしたときは嬉しかったですね。

妊娠中って旦那さんの1言でやる気にもなれば殺意を感じる時もあって(笑)、私は旦那さんに何かをしてもらう事より、お腹をなでて触ってもらえるだけで嬉しかったですね。

「ほら、今、動きよるやろ」って、お腹に赤ちゃんが居る事を旦那さんと一緒に感じる時間や共感できる時間が大事なんだなと3人目を妊娠中は思っていました。妊娠期にどうやって旦那さんと過ごしていたか、旦那さんと接していたかで、その後の旦那さんとの関係も変わってくると思いますよ。 

(募集中)ニコトレでは取材を受けてくれる方を募集しています! → 詳しくはこちら

妊娠中に辛かったこと 

【Q-9:ニコトレ】妊娠中の辛かった出来事を教えて下さい。

【A-9:りほさん】やっぱり1番は、つわりかな。炊飯器の匂いも辛くて、朝5時に起きて旦那のお弁当をマスクつけて作ってました。

妊娠中に気をつけていたこと 

IMG_4138

【Q-10:ニコトレ】妊娠中に気をつけていた事、やっていた事を教えて下さい。

【A-10:りほさん】
・カフェイン系はとらなかったです
・ガードルをやめました、しめつけない服装にしました
・身体を冷やさないようにしました
・イライラしないように・リラックス、ゆったりした生活を心がけました
・1人の時間を楽しむようにしました(テレビ見たり、お菓子食べたり、赤ちゃんの洋服や生活雑貨作ったり、当時は娘の卒園アルバムをサプライズで作っていました。)

旦那さんは協力的でしたか? 

【Q-11:ニコトレ】妊活に協力的だった旦那さんは妊娠中も協力的でしたか?

【A-11:りほさん】旦那さんはお仕事で不在も多かったのですが、家に居る時は家事も子育ても協力的でしたよ。自衛官なので、もともと家事一通りは出来るので任せられました。2人の子供のお世話もしてくれて、オムツ替えは教えましたよ!

「私が死んだらどうするとね!」「出来るようになっとかんば」って冗談を言いながらも本気で(笑)。でもね、旦那さんの協力って本当に大事なんですよ。妊婦で子供が2人居たら、もう大変だから・・・本当に。

妊娠中のストレスについて 

DSC01273

【Q-12:ニコトレ】妊娠中にストレスを感じた事はありますか?

【A-12:りほさん】妊娠中のストレスはよくないと分かっていても、イライラしたりしてましたね。妊娠中でも上の子のお世話やお仕事もしていたので、でも妊娠中のママの気持ちってお腹の赤ちゃんに伝わるんですよ。

私の場合1人目を妊娠中の時は、始めての妊娠で少し神経質になってて、なので長女の性格は真面目で少し神経質で考え過ぎる所がありますね。

2人目妊娠中の時は、1人目の時より気持ちに余裕があったので妊娠中はゆったり過ごしていたんですけど、長男の性格はマイペースで、我が道を行くみたいな感じです(笑)。

3人目妊娠中の時は、とにかく笑って過ごしていたんです、そしたら10ヶ月の次女は毎日ニコニコ笑ってて・・・。ママの妊娠中の気持ちって子供の性格に影響するなって事を実感しています。

りほさんにとっての妊活とは? 

【Q-13:ニコトレ】りほさんにとっての妊活を教えて下さい

【A-13:りほさん】妊活って不妊症で悩んでいる人がする事だけじゃなくて、何のトラブルもなく妊娠する人も同じくらい必要な事だと思います。環境づくりだっだり、旦那さんとの関係を築き上げる事も含めて妊活だと思います。

出産について 

【Q-14:ニコトレ】出産話を聞かせて下さい。

【A-14:りほさん】3人とも、帝王切開です!1人目が逆子だったので帝王切開で出産しました。なので2人目も3人目も必然的に帝王切開でした。

帝王切開について 

shutterstock_118854433

【Q-15:ニコトレ】帝王切開って決まった時は正直どんなお気持ちでしたか?

【A-15:りほさん】怖かったですね。知識もあったので余計に。でも何とかなるかなって思っていました。

帝王切開の手術時間について 

【Q-16:ニコトレ】帝王切開の手術時間を教えて下さい。

【A-16:りほさん】1人目、2人目の時は里帰り出産で個人病院で2時間位でした。3人目の時は、佐世保の大きな病院で3時間半でした。

時間かかるなぁと思って、看護師さんに「今、収縮剤は何本目いれました?」って聞いたら「ごめんね。5本目よ」って言われちゃって・・・。術後の子宮の収縮がうまくいかなかったようです。

通常は、収縮剤を3本入れる所を5本入れていたんですよね。旦那さんも、私が手術室からなかなか出てこないので「何で遅いの?」って疑問に思っていたそうです。

術後の痛みについて 

shutterstock_333359717

【Q-17:ニコトレ】術後の痛みはどの位まで続きましたか?

【A-17:りほさん】本当は帝王切開は2週間の入院(病院が決めている日数)が必要なんですけど上の子供達もいるし、私も赤ちゃんも産後何も問題なかったので入院日数を10日間に希望しました。

術後の痛みは退院するまで続きました。腹圧はかけれないので辛かったです。痛み止めはロキソニンでした。でも、授乳があるので強い薬は飲めずカロナールを飲んでいました。

痛み止めを飲んでも効かない時は、座薬を入れてもらっていました。術後のあまりの痛さに気絶して寝ていた事もありましたよ。

帝王切開の費用について 

【Q-18:ニコトレ】帝王切開の費用を教えて下さい。

【A-18:りほさん】帝王切開は保険適用で、個人病院で出産した時は、42万の出産一時金プラス手出しが1~2万円位だったと思います。大きな病院の時は保険適用の42万の一時金から差額6万円の払い戻しがありました。

帝王切開のメリットとデメリットについて 

shutterstock_275697653

【Q-19:ニコトレ】帝王切開メリット・デメリットを教えて下さい。

【A-19:りほさん】
▽メリット
・お産した時の「おめでとうございます」がとにかくすごいですよ!周りに10人以上いるので(笑)。その方たち全員からの「おめでとうございます!」の声にとても感動しますよ。
・出産日が決まっているので家族みんながそろっている時にお産ができる事かな。

▼デメリット
・旦那さん立会いでお産できない事かな。
・陣痛の痛みを経験できない事かな。

大きい病院でのお産のメリットとデメリットについて 

shutterstock_122077252

【Q-20:ニコトレ】大きい病院でお産をするメリット・デメリットを教えて下さい。

【A-20:りほさん】
▽メリット
・大部屋で他のママさん達と「昨日、授乳何回やった?」、「お疲れ!」、「今日も頑張ろうね」って励ましあえたり、お互いの悩みを聞き合ったりで、楽しくて快適な入院生活でした。

▼デメリット
・やっぱり夜泣きかな。他のママさんや赤ちゃんが眠っているのに自分の子供が泣いちゃって、そこは気を遣ったかな。

入院生活について 

shutterstock_129723674

【Q-21:ニコトレ】看護師のりほさんならではの入院生活について教えてください

【A-21:りほさん】
術後の痛み止めの間隔を計って看護師さんにお薬をいれてもらっていたり、知っている知識の部分の説明をはぶいてもらって、その分、寝ることができたりしました。 

帝王切開での周囲の反応は?

【Q-22:ニコトレ】帝王切開手術を受けての周囲の反応について

【A-22:りほさん】1人目、2人目の時は結構、周囲から「帝王切開って陣痛がなくて出産出来て良かったね。」って言われて、それが嫌でしたね。

ただ、3人目の時はテレビで帝王切開の大変さについての放送があったりて、周囲が帝王切開についての知識がついてきたのか・・・、「帝王切開で産んだの?すごいね!」って言われ事が多くて、とても嬉しかったです。

これから妊活する方へのアドバイス 

DSC01268

【Q-23:ニコトレ】妊活から出産まで経験したりほさん。に先輩ママさんとして、看護師さんとして、これから妊活する人や妊活中の人や、不妊で悩んでいる人にアドバイスお願いします。
   
【A-23:りほさん】妊活を始める人に言える事は、まず自分のカダラを知る事が大事です。妊活中や不妊で悩んでいる人に言える事は、考え過ぎない事、自分の好きな事をして1人の時間を楽しむ事が大事です。

ストレスをためないようにリラックスして下さい。あと、妊活を頑張り過ぎない事も大事ですよ。妊活を頑張り過ぎているな、妊活が辛いなって思っている人は、いったん妊活をお休みしてみて下さい。妊活あるあるで、妊活をやめたとたんに妊娠する人って結構多いんですよ。

産前産後の身体の変化について

【Q-24:ニコトレ】産前産後の身体の変化を教えて下さい。

【A-24:りほさん】生理痛がなくなりました。でも疲れやすくなりましたね~。あと、めまいもありますし産後痩せで太れなくなってしまいました。

どんどん痩せていくので、何かの病気じゃないかと不安になって病院に行ったら、病院の先生に「お母さん動き過ぎじゃない?」って言われてしまって(笑))3人の育児って、やっぱり体力使いますね。

3人の子育てについて 

DSC00926

【Q-25:ニコトレ】3人の子育てについて聞かせて下さい。

【A-25:りほさん】正直、1人目の子育ては何もかもが始めてで悩んでいましたし、イライラもしていました。2人目になってからは少し子育てにも余裕が出来てきました。

3人目の時は上の娘が小学生になったのでお手伝いもしてくれて妹のお世話もしてくれてるので、とても助かります。3人目を出産する際に仕事も退職したので仕事をしていた頃よりは、時間に余裕がある分、子育てを楽しく出来ていますよ。

子育てに疲れたときは?

【Q-26:ニコトレ】りほさんは子育てで疲れた時は、どうしていますか?

【A-26:りほさん】
・気持ちを抜く
・頑張り過ぎない
・自分で自分をほめる
・「きつい」って正直な気持ちを子供に話します

こどものしつけについて 

【Q-27:ニコトレ】りほさんのお子さんのしつけで気をつけている事を教えて下さい。

【A-27:りほさん】
・子供達が自分でやりたいと決めた事は何でもやらせます。
・旦那さんの不在が多いので、パパはこんなにすごいんだよ。って子供達にパパの偉大さを教えています。
・できた事は、すっごく!!褒めてあげる。
・お手伝いしてくれた時は「ありがとう」をたくさん言います。

子育てに悩んでいるママさんにメッセージ 

DSC01277

【Q-28:ニコトレ】子育てで悩んでいるママさん達にメッセージお願いします。

【A-28:りほさん】育児って孤独ですよね。誰もほめてはくれないし、毎日毎日、同じ事の繰り返しですもんね。夜は夜泣きや授乳で寝れないし、その隣で旦那さんが眠っていると余計にイライラしますよね(笑)

「育児は育自です」私も1人目の子育てで悩んでいる時に知り合いのママさんから、この言葉を聞いて救われました。自分のペースで育児を楽しんで下さい。

あと、自分の子供と月年齢が同じ子の成長を比べてはいけません。子供の成長はその子によって違います。焦らず、あなたの育児を楽しみながらお子さんの成長を見守ってあげて下さい。

夫婦関係について 

【Q-29:ニコトレ】お子さんが生まれてからの旦那さんへの接し方についてお話を聞かせて下さい。

【A-29:りほさん】女性は子供を産んで強くなるというか、やっぱり、男の人って子供みたいな部分がありますよね。子ども優先になって、自分の奥さんじゃなくなるっていう事が仕方ないって頭で分かっていても、それを全部、理解する事を旦那さんに求めるのは難しい。

私は旦那さんを長男って思ってます(笑)。だから子供が4人居るって思うと気持ちが楽になります(笑)。あと、家事をお願いしたい時や何か旦那さんに言う時は、自分が旦那さんの立場になって考えて言うようにしてます。

旦那さんだって子供が生まれて、子供がいる生活に戸惑いや不安も感じていると思うので、すぐ慣れる事はできないと思います。私は旦那さんに「一緒に頑張ろう」とか「一緒に〇〇しょう」って言うようにしてます。時々、イライラして「〇〇してよ!やってよ!」って言う時もありますが(笑)

旦那さんに子育ての協力を得るには? 

shutterstock_372213370

【Q-30:ニコトレ】旦那さんから子育ての協力を得るにはどうしたらいいですか?

【A-30:りほさん】妊娠中から、旦那さんにお腹を触ってもらう事です。もちろん赤ちゃんはママのお腹で育っていくんですけど、実際に旦那にも、赤ちゃんがここにいるんだよって実感してもらう為に、お腹を触ってもらう事は大事なんですよ。一緒に育てていこうねって旦那さんに言ってあげると、旦那さんの気持ちも変わってくるし、協力的になってくれると思いますよ。

料理の時短と節約について 

IMG_4134

【Q-31:ニコトレ】お仕事をされていた時も、今も、子育てで忙しいと思いますが家事はどうされていますか?

【A-31:りほさん】1日の中で時間を見つけて常備菜を作っています。あとは、まとめ買いした時に、お肉を調理法に合わせて切って、ジップロックに入れて冷凍庫へ入れています。野菜も冷凍できるものは茹でて冷凍しておきます。

下味をつけれるものは、下味をつけて冷凍しておけば、調理する時は、本当に楽ですよ。時短にもなりますけど、お買い物に行く回数も減って節約にもなりますね。小さい子供を連れての買い物はママさんもお子さんも疲れますし、特に夏場は、あまりお外に出たくないですもんね。

常備菜について 

IMG_4155

【Q-32:ニコトレ】最近、テレビでも常備菜特集やら本屋さんにも常備菜の本って売っていますが、簡単につくれますか?

【A-32:りほさん】簡単に作れますよ!っていうか簡単なものしか作りません(笑)30分で3~5品作れますよ。あと常備菜は3~4日間、冷蔵庫で保存できます。

私は常備菜作りもそうですが、家事でやること、ひとつひとつの作業に30分以上かけないって決めているんです。3人目の子が結構、泣くので機嫌が良い時間を見つけて、あとこの子が1人で機嫌良く遊べるのが30分かなと思っているので。

毎日の献立について 

DSC01346

【Q-33:ニコトレ】ママさんや主婦さんにとって毎日の献立を考えるのは悩む部分だと思いますが毎日の献立をどうやって考えていますか?

【A-33:りほさん】我が家は献立が決まっているので、今日は何を作ろうっていう部分では悩まないんですけど、もし悩んだらクックパッドです!(笑)すごい便利!これいいなぁと思ったらノートにメモして、旦那さんや子供達が「おいしかった!」と言ってくれて反応が良かったレシピには星マークつけたりしています。

まとめ

DSC00936

今回、「妊活から出産、子育て」「節約、時短術」など幅広い内容でりほさんに取材をさせて頂きました。看護師としての知識はもちろん、3人の子育てで経験が豊富で、主婦としての時間の使い方も上手な、りほさんならではのインタビュー記事になりました。

日々、子育て中心の大変な生活をしていると、楽しい事だけを想像していた結婚当初が嘘のように思える日もあります。

この取材を通して、妊活中や妊娠中の夫婦の関係性が、産後や子育ての夫婦関係につながるというお話しをりほさんから聞き、改めて「夫婦の協力」「夫婦の思いやり」の大切さを知る事ができました。

また、悩んでいる人に対してアドバイスをする時、りほさんは、「いっぱい悩んでいいんじゃない?」「きついって言っていいんだよ。」「きちんとママ自身の事を褒めてあげて」と言葉をかけるそうです。

りほさんの言葉は人の心を癒してくれます。きっと彼女もこれまで沢山、悩んで立ち止まってきたからこそ言える言葉なんでしょうね。

悩んだり戸惑ったりした時は、ゆっくり気持ちを休めたりする時間も大切ですね。女性としてママとして色々な事に気付かされたインタビューでした。

(募集中)ニコトレでは取材を受けてくれる方を募集しています! → 詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

二コトレ|妊活・妊娠・出産・子育てのトラブルレスキューサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ニコトレ編集部かな

ニコトレ編集部かな

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊活で旦那が非協力的なときに役立つ21の対策「旦那様取り扱い説明書」

  • 不妊検査を受けるタイミングはいつ?検査の種類や時間、費用はいくら?

  • 【妊活・子育て取材vol.2】中村りほさん(看護師さん)節約・時短術

関連記事

  • 妊活方法やること9つまとめ【妊娠したい、何から準備?】自己流妊活